就活生は「売り手市場」を勘違いしていないか

自分の希望が通らないのはこれが原因だった

しかし、「自分がこうしたい」と思っていても、現実はそう簡単に思い通りにはならない。なぜ希望通りいかないかというと、人手不足に困っている仕事もあれば、人が殺到する仕事もあるという、「需要」と「供給」が存在するからだ。就活における「需要」と「供給」は次の通りになる。この需給バランスによって、求人の就活難易度が変化していく。

まず確認しておきたいことは、「売り手市場」というのは、就活市場全般のことを表しているわけではない、ということだ。会社の従業員規模によって、状況はガラッと変わってくる。リクルートワークス研究所によると、2018年卒の大卒求人倍率は、従業員規模で次のようになっている。求人倍率は1人に対してどれだけの求人(仕事)があるのかという指標。数値が高いと就職しやすく、数値が低いと就職がしづらいことを意味する。

大卒求人倍率(2018年卒、リクルートワークス研究所)
・300人未満:6.45倍(1人につき6.45倍の求人がある)
・300~999人:1.45倍(1人につき1.45倍の求人がある)
・1000~4999人:1.02倍(1人につき1.02倍の求人がある)
・5000人以上:0.39倍(1人につき0.39倍の求人しかない)

​データからもわかるように、超売り手市場というのは中小企業のみの話。大手企業では、1つの求人に対し、2.5人が争っているのが実情だ。なお、間もなく2019年卒の最新データが発表される頃だが、大きな変化はないだろう。

売り手市場は「人気企業の内定を得やすい」のか?

しかし、それに学生は、気付いていない。近年のデータを見ると、売り手市場になると、大手企業の人気が上がり、中小企業の人気が下がるという傾向がある。理由は、「売り手市場なら、自分も人気企業の内定がもらえるかも!」という心理が作用しているのでは、と思われる。

大企業も好景気を反映して、採用をある程度増やしているが、それ以上に大企業を志望する就活生が増え、競争率はむしろ上がっていく。大手企業にチャレンジするのはよいが、大手ばかりだと、就活で苦戦してしまう可能性が出てくる。

2 事務職は非正規が多く、リストラ対象になりやすい

現場の感覚として、既卒の人には事務職を志望している方が多い、と感じている。事務職の求人倍率はここ数年、かなりの低水準で推移している。厚生労働省が発表している一般職業紹介状況によると、2017年の「一般事務の職業」の有効求人倍率は0.30倍、ここ数年で改善しているとはいえ、1枠の求人に対して3人以上で競う状況になっている。

これには次の2つの要因があると考えられる。

非正規社員(派遣社員、契約・嘱託社員)での雇用が多い
入力作業のような単純な事務作業はシステム化により削減

​厚生労働省によると、事務職の非正規社員比率は製造スタッフや販売員と並び、全体の3~4割が非正規社員として雇用している。そのため、正社員として事務職を採用している企業は少なく、求人倍率が上昇しているのが現状だ。同時に、テクノロジーの進化によって、単純な作業はどんどんITによってシステム化されてきている。

昨年にはメガバンク3行が約3.2万人の従業員をリストラするとの発表もあった。これからAIが本格的に普及してくると、単純作業はさらに減っていくことが予想される。事務職は就職に苦労するだけでなく、将来的には人員削減の対象にされるリスクは高いといえる。今一度、事務職を目指す理由を考えてみた方がいいだろう。

次ページ1社目の就職で人生は決まらない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT