就活生は「売り手市場」を勘違いしていないか

自分の希望が通らないのはこれが原因だった

3 人生は「1社目の会社」で決まるわけではない

本当に1社目で自分の一生は決まってしまうのか? 結論から言うと、そんなことはない。確かに1社目で経験する仕事や働く環境は、その後のキャリアに大きな影響を与えることになる。しかし、最初に選ぶ仕事や会社の選択で自分の一生が決まってしまうと考えてしまったら、何も選べなくなってしまう。「もし会社選びに失敗してしまったら、転職すればよい」ぐらいのスタンスがあってもいい。

ただ、転職のしやすさは人によって違う。たとえば、その人が経験してきた仕事が、需要(ニーズ)の高い仕事だったらどうだろうか? 間違いなく転職はしやすくなる。

しかし、需要が高い仕事をしていたが、その仕事は合っていないので変えたいと思ったらどうなるか? その場合、どの職種でも左右されない「社会人基礎力」のようなスキルが身に付いているかによって、転職のしやすさは変わってくる。

どこでも通用する「基礎スキル」を身に着ける

具体的には、次のような「基礎スキル」が身についていれば、どこでも通用する。

どんな相手とでも信頼関係を築くことができる「社交性」や「約束を守るスキル」
ルーティン化した業務であっても効率化できる「業務整理スキル」
IT化が進む業務ツールを使いこなす「ITリテラシー」
自身のアイディアを相手に納得してもらって進める「提案力実行力」

​仕事を変えるにしても、これらの能力を身に付けてから転職活動を行い、アピールすることで、結果はガラッと変わってくる。もし就職先の選択肢に困っていたなら、これらの能力が身に付けられる機会があるかを基準にするのもよいだろう。

4 これから必要なのは「仕事の需給」を予測する力

就活市場における需給バランスは、社会環境の変化によって影響を受ける。ここ5年間だけでも次のような変化があった。

■「需要」に影響があった変化
少子高齢化によって医療や介護の仕事が増加
東日本大震災の復興や、東京オリンピックの開催決定により、建設需要が増加
IoT(様々なモノがインターネットに繋がる)により通信やIT分野の仕事が増加
事務職中心に非正規シフトが拡大し、その割合は4割に
「供給」に影響があった変化
シャープ、東芝といった大手製造業の苦境を見て、大企業に対する不信感が強まる
何よりも「安定」を求める傾向から公務員人気が増加
残業が少ない会社、休みが多い会社など、ワークライフバランスが取れる会社に関心が高まる
複業やフリーランスへの憧れ

売り手市場に惑わされずに、地に足のついた就活をするためには、常識や先入観にとらわれないことが重要だ。現状を客観的に把握し、これからの社会がどのように変わっていくのかを、予想するのが必要になってくる。

現代において、「この会社に入れば定年までの40年間は安泰」なんて会社を、誰も予想できない。だからこそ、労働市場の需給バランスに関して情報収集をし、会社に頼らない個人としてのスキルを高めていくことが求められる。

2019年卒の就活も売り手市場となっているが、「就活ミスマッチ」を起こさないためにも、ぜひ参考にしてもらいたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT