7兆円買収を強行する、武田ウェバーの焦燥

国内史上最大の買収に募る「不安」と「課題」

もちろん、現在の不振はウェバー氏にだけ起因するものではない。現在、売上高で1000億円を超す医薬品3品のうちエンティビオ、多発性骨髄腫治療薬「ベルケイド」の2つが2008年のミレニアム社買収で手に入れた製品だ。武田國男・長谷川閑史と2代20年近くの治世下で武田の自社開発力は衰えてしまったといっていいだろう。

とはいえ、ウェバー氏は自身が主導してきた米国に研究開発の重心をシフトさせる研究開発体制の再編が、武田の開発力向上に十分な成果を上げたかに関して、説得力のある説明をしきれていない。

買収は本当に武田の成長に資するのか

対外的に買収意図の有無を正式表明する期限である4月25日より前の同月上旬に一部のアナリストだけを集めて買収に関する説明会を実施。会社側は「文書声明で公表した以上の内容は話していない」と釈明に追われたが、一部の機関投資家にだけ、非公開で有利な情報開示を行うことは、フェアディスクロージャーの精神からは疑念が持たれかねない行為だ。

ウェバー氏は年間10億円の報酬を受け取っている。武田の利益を大幅に上回るアステラスの畑中好彦前社長(現会長)は2億円台だ。少なくともこの4年間は、高額な報酬に見合った実績を上げているとはいえないだろう。

自らの経営手腕を示し、武田の成長を確固たるものにするために、たとえ財務リスクが大きくてもシャイアーの買収に飛びついた。そうした強い“焦燥”がウェバー氏になかったといえるのか。

この間に買収に名乗りを上げるメガファーマなどライバルが現れる可能性はまだ少ないながら残っている。否決される可能性は低いとはいえ、両社の株主総会での決議も待ち構えている。

巨額の買収が決まったとしても、それは「世界のメガファーマ入り」という見せかけの華やかさでなく、武田の成長を加速させるものなのか。社外取締役を含めて武田のすべての取締役には、ウェバー氏の手腕を含めた冷静な議論と説明責任こそが求められている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。