塩野義、インフル新薬で狙う「勝利の方程式」

年1000億円超の「ブロックバスター」目指す

これまでタミフル、イナビルが中心だったインフルエンザ薬に画期的な新薬が登場する(写真左は共同通信、右が第一三共)

「売り上げは10億ドルにしたい」

塩野義製薬の手代木(てしろぎ)功社長は、インフルエンザ新治療薬「ゾフルーザ」に寄せる期待の大きさを隠さない。「ブロックバスター」と呼ばれる年商10億ドル規模の大型新薬に育てる意欲は満々だ。

ゾフルーザは2月23日、国に承認された。画期的な医薬品などの審査を早める「先駆け審査指定制度」での医薬品承認第1号だ。発売は5月を見込む。

ウイルスの増殖自体を抑制

インフルエンザには四つの先発薬がある。ウイルスが細胞から細胞に移動して拡散するのを止める先発薬と違い、ゾフルーザはウイルスの遺伝子に働きかけ細胞内での増殖自体を抑制する。ウイルスの早期の減少など、先発薬に対し効能で優位に立つ。

タミフルは1日2回5日間服用しなければならないが、ゾフルーザは1日1回で済む。同じく1日1回で済むイナビルは吸引薬ゆえ、小児や高齢者などには使い方が難しい。利便性にも優れるゾフルーザが医師や患者を引き付け、先発薬を追い抜く可能性は高いだろう。

次ページ業界屈指の収益力の秘訣
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT