塩野義、インフル新薬で狙う「勝利の方程式」

年1000億円超の「ブロックバスター」目指す

これまでタミフル、イナビルが中心だったインフルエンザ薬に画期的な新薬が登場する(写真左は共同通信、右が第一三共)

「売り上げは10億ドルにしたい」

塩野義製薬の手代木(てしろぎ)功社長は、インフルエンザ新治療薬「ゾフルーザ」に寄せる期待の大きさを隠さない。「ブロックバスター」と呼ばれる年商10億ドル規模の大型新薬に育てる意欲は満々だ。

ゾフルーザは2月23日、国に承認された。画期的な医薬品などの審査を早める「先駆け審査指定制度」での医薬品承認第1号だ。発売は5月を見込む。

ウイルスの増殖自体を抑制

インフルエンザには四つの先発薬がある。ウイルスが細胞から細胞に移動して拡散するのを止める先発薬と違い、ゾフルーザはウイルスの遺伝子に働きかけ細胞内での増殖自体を抑制する。ウイルスの早期の減少など、先発薬に対し効能で優位に立つ。

タミフルは1日2回5日間服用しなければならないが、ゾフルーザは1日1回で済む。同じく1日1回で済むイナビルは吸引薬ゆえ、小児や高齢者などには使い方が難しい。利便性にも優れるゾフルーザが医師や患者を引き付け、先発薬を追い抜く可能性は高いだろう。

次ページ業界屈指の収益力の秘訣
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT