塩野義、インフル新薬で狙う「勝利の方程式」

年1000億円超の「ブロックバスター」目指す

これまでタミフル、イナビルが中心だったインフルエンザ薬に画期的な新薬が登場する(写真左は共同通信、右が第一三共)

「売り上げは10億ドルにしたい」

塩野義製薬の手代木(てしろぎ)功社長は、インフルエンザ新治療薬「ゾフルーザ」に寄せる期待の大きさを隠さない。「ブロックバスター」と呼ばれる年商10億ドル規模の大型新薬に育てる意欲は満々だ。

ゾフルーザは2月23日、国に承認された。画期的な医薬品などの審査を早める「先駆け審査指定制度」での医薬品承認第1号だ。発売は5月を見込む。

ウイルスの増殖自体を抑制

インフルエンザには四つの先発薬がある。ウイルスが細胞から細胞に移動して拡散するのを止める先発薬と違い、ゾフルーザはウイルスの遺伝子に働きかけ細胞内での増殖自体を抑制する。ウイルスの早期の減少など、先発薬に対し効能で優位に立つ。

タミフルは1日2回5日間服用しなければならないが、ゾフルーザは1日1回で済む。同じく1日1回で済むイナビルは吸引薬ゆえ、小児や高齢者などには使い方が難しい。利便性にも優れるゾフルーザが医師や患者を引き付け、先発薬を追い抜く可能性は高いだろう。

次ページ業界屈指の収益力の秘訣
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。