変調の兆し?世界経済の拡大は続くのか

輸出減速、日本経済1-3月期はほぼゼロ成長へ

経済にも変調の兆しが…。(写真:ロイター/Kim Kyung-Hoon)

2018年1-3月期の実質GDP(国内総生産)成長率はゼロに近くなる可能性が高まった。

4月18日発表の3月貿易統計は、輸出が前年同月比2.1%増の7兆3819億円、輸入が同0.6%減の6兆5845億円で、差引の貿易収支は7973億円の黒字で同32.1%の増加となった。季節調整値は1192億円の黒字だった。輸出の伸びが鈍かったものの、輸入の減少が大きく、貿易黒字が膨らんだ格好だ。

貿易統計の1-3月期は1月に日本の正月、2月に中国の春節を含むため、振れが大きくなる。ただ、均してみると輸出は前年同月比1ケタ台の伸びにとどまっている。2017年には輸出がほぼ2ケタ増ペースを続けて暦年で11.8%増になったのと比べると大きく減速している。

ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済調査室長は今年3月までの貿易統計と2月までの国際収支統計の結果から、「1-3月期の実質GDPベースの財貨・サービスの輸出入を試算すると前期比ゼロ%台前半の伸び、ほぼ横ばいにとどまる」と見る。また、「民間消費、設備投資の増加を在庫、住宅投資のマイナスが相殺することから、実質GDPもほぼゼロ成長になるだろう」と話す。

振るわない鉱工業生産、先行きは?

民間エコノミストの1-3月期実質GDP成長率のコンセンサス予想(ESPフォーキャスト調査)は4月調査(回答期間3月27日~4月3日)で前期比年率0.56%だが、すでに2回連続で下方修正されており、おそらく4月27日の鉱工業生産の発表を受けてさらに下方修正されるだろう。

鉱工業生産統計について、振れの大きい季節調整値・前月比でなく、原数値・前年同月比で見ると、1月は2.9%増、2月は1.6%増と足元で減速している。3月は持ち直したとしても、1-3月期としては低水準だ。ただ、問題は先行き。1月、2月は在庫のほうも減少し、積みあがっているわけではないので、先行きも低調に推移するのか、回復してくるのかは判断が難しいところだ。

次ページ4-6月期の注目点
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。