山口公明代表「福田次官ら説明責任問われる」

「柳瀬経産審議官は参考人招致が妥当」とも

 4月17日、公明党の山口那津男代表(写真)は記者会見で、福田淳一財務次官のセクハラ疑惑報道や、報道をめぐる財務省側の対応について、「財務省自身が責任を持って対応すべき。次官を含め、説明責任をきちんと果たすことが問われている」と述べた。写真は都内で昨年8月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 公明党の山口那津男代表は17日の記者会見で、福田淳一財務次官のセクハラ疑惑報道や、報道をめぐる財務省側の対応について、「財務省自身が責任を持って対応すべき。次官を含め、説明責任をきちんと果たすことが問われている」と述べた。

加計学園問題をめぐり愛媛県の文書で当時首相秘書官として関与が指摘されていた柳瀬唯夫経済産業審議官の国会招致を巡っては「柳瀬氏は現職の公務員なので、出頭拒否の可能性がない」と指摘。野党側が求める証人喚問ではなく「参考人での招致が妥当」と述べた。

(竹本能文)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • カラダとおカネのよもやま話
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。