山口公明代表「福田次官ら説明責任問われる」

「柳瀬経産審議官は参考人招致が妥当」とも

 4月17日、公明党の山口那津男代表(写真)は記者会見で、福田淳一財務次官のセクハラ疑惑報道や、報道をめぐる財務省側の対応について、「財務省自身が責任を持って対応すべき。次官を含め、説明責任をきちんと果たすことが問われている」と述べた。写真は都内で昨年8月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 17日 ロイター] - 公明党の山口那津男代表は17日の記者会見で、福田淳一財務次官のセクハラ疑惑報道や、報道をめぐる財務省側の対応について、「財務省自身が責任を持って対応すべき。次官を含め、説明責任をきちんと果たすことが問われている」と述べた。

加計学園問題をめぐり愛媛県の文書で当時首相秘書官として関与が指摘されていた柳瀬唯夫経済産業審議官の国会招致を巡っては「柳瀬氏は現職の公務員なので、出頭拒否の可能性がない」と指摘。野党側が求める証人喚問ではなく「参考人での招致が妥当」と述べた。

(竹本能文)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。