DMMがヤンキー支援ベンチャーに惚れたワケ

非大卒の就職を仲介するハッシャダイを買収

「このままでは事業が小さくまとまってしまう」と懸念を抱いていたハッシャダイ経営陣(編集部撮影)

久世:亀山さんに「一緒にやろう」と声を掛けてもらったのは半年以上前。ちょうどその時期、僕らもこのままだと事業が小さく完結してしまうと悩んでいて。

注目されにくい市場だし、正直あまり儲かるわけではない。でも、これは意義のある事業だと信じている。非大卒の就活を「第0新卒」として、「第2新卒」のように前向きなブランディングをすることによって、僕ら以外のプレーヤーも入ってくる魅力的な事業にしたいとの思いがある。

亀山さんには半年くらい返事を待ってもらったが、最終的には自分自身が亀山さんの経験や考え方を尊敬できた点が決め手になった。「あまり儲からないですよ」ということも正直に話して、それでも「ぜひ一緒に」と言ってくれたので、考え方のズレもないだろうと。今後は僕らだけで細々やっていたのでは取れないオプションにも踏み込んで、成長を目指したい。

新規事業は「少額融資」

――今回の買収で、DMM側にはどんなメリットが?

亀山:DMMの経営層にも高卒が多いし、相性がいいと思う。うちはコングロマリット企業で、社内にいろいろな部門があるから、ハッシャダイで面白い人材がいればどこかの事業部で引き受けることもできる。大卒で入ってくる人が多い中に、生きのいい高卒人材を入れておくだけで刺激になる。多様性は重要だと思っている。

毎月行われるヤンキーインターンの卒業式。就職が決まった参加者を送り出す(写真:ハッシャダイ)

――新しい領域への展開は?

久世:3つ構想しているが、そのうち公表できるものは2つある。まずは少額のレンディング(融資)。ヤンキーインターンに問い合わせをしてくる人の中には、本当に東京に出るだけのおカネもないという人もいる。かつて事業規模が小さかったときには、僕が個人でおカネを貸したこともあったが、ある程度大きくなった今はそれが難しい。だからちゃんと仕組み化したい。

今ある貸与型奨学金の代わりになるようなサービスを想定しているが、大きな金額になると返済が大変になる。それを少額にして、きちんとリアルに返済をイメージできるおカネにすれば、奨学金の問題点を解決できると考えている。これを武器に、おカネがなくて動き出せないという人の状況を改善したい。

もうひとつが、まったく新しいアパレル事業。「Choose your Life」のTシャツがけっこう人気があることから発想した。企業のメッセージを掲載した衣料品はいわば広告のようなもの。これを僕ら世代に無料、もしくは安価に提供していく事業は十分に成り立つように思う。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT