DMMがヤンキー支援ベンチャーに惚れたワケ

非大卒の就職を仲介するハッシャダイを買収

左から大縄敬人・ハッシャダイCFO、久世大亮・ハッシャダイCEO、亀山敬司・DMM.com会長、橋本茂人・ハッシャダイCOO(編集部撮影)
アフリカ支援にものづくり支援、VR(仮想現実)、仮想通貨から水族館まで――。種々雑多な事業で拡大するDMM.comが、また新たな領域に進出する。
同社は4月13日、中卒高卒、いわゆる“第0(ゼロ)新卒”の人材育成事業を手掛けるハッシャダイの全株式を取得(買収価格は非公表)し子会社化したことを明らかにした(3月7日付け)。ハッシャダイ経営陣は、DMMから資金やノウハウの提供を受け、さらなる成長を目指す。
同社は2015年から地方出身の非大卒人材向けに、住み込み型のキャリア支援事業「ヤンキーインターン」を運営している。プログラミングやデータ活用などの技術を学べる「yankee.hacker(ヤンキーハッカー)」と、営業やビジネススキルを学べる「yankee.business(ヤンキービジネス)」の2コースがあり、いずれも一般教養や基本のビジネスマナーも身につけられる。
研修は教材を使った独学と講義形式の座学で構成されており、参加者には住居や食事、パソコン(ハッカーコース)など、生活や学習に必要なものが無償で提供される。参加料は取らず、ハッシャダイ経由で採用が決まった際、企業から紹介料を受け取るビジネスモデルだ。
インターンの期間は3カ月から半年ほど。早期に就職が決まり、2カ月足らずで卒業していく人もいるという。これまで約200人がインターンに参加し、8割程度が就職、そのほかにも進学や留学、起業に至ったケースもある。
ハッシャダイはDMM傘下で、次の成長戦略をどう描くのか。また、異色の人材育成企業を取り込むDMMの狙いは何か。久世大亮・ハッシャダイCEOと、亀山敬司・DMM.com会長に話を聞いた。

「これは小さな問題ではない」と実感

――ヤンキーインターンを始めたきっかけは?

久世大亮(くせ だいすけ)/1993年生まれ、京都出身。高校時代は土木、飲食のアルバイトに従事し自ら学費を稼ぐ。大学に進学するものの、営業経験を積むために行っていたキャリア支援に着想を得てビジネスを考え、中退。2015年5月にハッシャダイ設立

久世:自分自身が非大卒で、地元の友達にはヤンキーがすごく多くて。彼らを変えたいという思いがあった。

創業した2015年当時は大学生向けのキャリア支援の仕事をしており、18〜19歳の学生と接していた。そうした中で感じていたのは、その年齢だと地元のヤンキー友達と感覚や思考がそんなに変わらないということ。ところが就活では明確な差が生じてしまう。

だから大学で経験できるようなキャリア支援を摸倣して、非大卒にも提供してみようと。はじめは実験みたいな気持ちで、友達の中でも本当に問題のあるヤンキーばかり集めて、キャリア支援をしてみたところ、びっくりするくらい変わった。就職が決まった人もいて。

同時に、思った以上に参加希望者が集まったので、これは小さな問題ではない、もっと事業を大きくする必要があると実感した。それで2016年9月に現在のブランドに作り替え、改めてビジネスとしてしっかり伸ばそうという体制を構築した。

次ページ非大卒人材の特徴とは?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
米国で「電動スケーター」が沸騰

「電動キックスケーター」のシェアサービスが、渋滞解消への期待を集めている。 乗り捨て自由、GPS搭載だからアプリで場所がわかる。ウーバーがベンチャーに出資、投資熱も高い。