経営不振「ギブソン」はどこまでヤバいのか

経営破綻で失われるものは大きい

経営不振が取りざたされているギブソンが目指しているのは、なんとナイキだった(写真:Jens Mortensen/The New York Times)

米楽器大手ギブソン(本社テネシー州ナッシュビル)の破産法申請が近いとのうさわが流れて久しい。ギブソンは年間売り上げが12億ドル超なのにもかかわらず、負債額は5億ドルを上回る。すでにその頭上にはハゲタカが舞っている。大口の債権者には、大手投資会社のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)やブラックストーンといった顔ぶれが並ぶ。

ギブソンの抱える「病」を診断するのはそう簡単ではない。ヘンリー・ジャスキビッツ最高経営責任者(CEO)は多角化によりギブソンを「音楽ライフスタイル企業」、つまりギターだけでなく、ヘッドフォンやハイファイオーディオ機器も扱う企業へと変身させたいと願っていた。2014年にはフィリップスの家庭用AV機器部門を高額で買収したが、以来、ユーロ安が悩みの種だ。

経営破綻した場合に失われるものは

あるインタビューでジャスキビッツは、この買収がうまくいかなかったことを率直に認めている。

「すばらしい決断だったとは言いがたい」とジャスキビッツは述べた。「あまりいい結果を出していない。それなりに理にかなった決断ではあったと思うが、結果としては非常にまずい決断だった。そして決断したのは私自身だった」。

話を先に進める前に、まずはギブソンという会社の歴史を振り返ってみよう。経営破綻した場合に失われるものがいかに大きいかわかるはずだ。

スミソニアン協会の博物館で展示されているチャック・ベリー愛用のギター「メイベリーン」はギブソン製だったし、ロックバンド「ブラック・サバス」のトニー・アイオミが弾いているのもギブソンSGだ。「ガンズ・アンド・ローゼズ」のスラッシュはギブソンの「グローバル・ブランド・アンバサダー」を務めている。

次ページ企業を超えた「公共財産」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。