経営不振「ギブソン」はどこまでヤバいのか

経営破綻で失われるものは大きい

経営不振が取りざたされているギブソンが目指しているのは、なんとナイキだった(写真:Jens Mortensen/The New York Times)

米楽器大手ギブソン(本社テネシー州ナッシュビル)の破産法申請が近いとのうさわが流れて久しい。ギブソンは年間売り上げが12億ドル超なのにもかかわらず、負債額は5億ドルを上回る。すでにその頭上にはハゲタカが舞っている。大口の債権者には、大手投資会社のコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)やブラックストーンといった顔ぶれが並ぶ。

ギブソンの抱える「病」を診断するのはそう簡単ではない。ヘンリー・ジャスキビッツ最高経営責任者(CEO)は多角化によりギブソンを「音楽ライフスタイル企業」、つまりギターだけでなく、ヘッドフォンやハイファイオーディオ機器も扱う企業へと変身させたいと願っていた。2014年にはフィリップスの家庭用AV機器部門を高額で買収したが、以来、ユーロ安が悩みの種だ。

経営破綻した場合に失われるものは

あるインタビューでジャスキビッツは、この買収がうまくいかなかったことを率直に認めている。

「すばらしい決断だったとは言いがたい」とジャスキビッツは述べた。「あまりいい結果を出していない。それなりに理にかなった決断ではあったと思うが、結果としては非常にまずい決断だった。そして決断したのは私自身だった」。

話を先に進める前に、まずはギブソンという会社の歴史を振り返ってみよう。経営破綻した場合に失われるものがいかに大きいかわかるはずだ。

スミソニアン協会の博物館で展示されているチャック・ベリー愛用のギター「メイベリーン」はギブソン製だったし、ロックバンド「ブラック・サバス」のトニー・アイオミが弾いているのもギブソンSGだ。「ガンズ・アンド・ローゼズ」のスラッシュはギブソンの「グローバル・ブランド・アンバサダー」を務めている。

次ページ企業を超えた「公共財産」
人気記事
トピックボードAD
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。