格安インプラント広告に釣られた男性の顛末

材料、技術力、施設環境…歯科選びの留意点

③環境整備やスタッフ

インプラント治療の埋入(まいにゅう)手術はきちんと整った環境で行うことが望ましいと思います。

できれば専用の手術室やそれに準ずるスペースを確保できているほうがいいでしょう。そういったスペースがあるということは、外科処置の頻度が高いということも予想できます。また滅菌装置もレベルの高いものが望ましく、使い捨てが徹底されていることも大切です。デンタルCTによる3次元画像での精密診断は必須です。現在はこういったデータから手術サポート器具を製作し事故のないよう安全な手術が推奨されています。

そして国家資格を持った歯科衛生士が多く在籍し、術後のサポートや治療終了後の予防メンテナンスをしっかり行う体制が整っていることも重要ですね。

この他にも留意すべきポイントはありますが、まずは以上の3点をじっくり探ってみるとその歯科医院のコンセプトが必ず見えてきます。ホームページだけではわからないので実際に来院されて、先生に質問しいろいろ話せば必ずその先生の人となりや考え方がわかるはず。

また、医院環境を直接見ればどういうコンセプトでどういうレベルの治療をしているかうかがい知ることもできるでしょう。患者からの質問や相談に面倒くさがらずに対応してくれるかどうかも大切です。

「同じ条件なら少しでも安いほうがいい……」という気持ちはわかりますが、一口にインプラント治療と言っても、「同じ条件の治療」は存在しないことがわかっていただけたら幸いです。

治療費以外にも安全面やメンテナンス体制など大切な部分があるはずです。自分の体の一部として長期間使っていくものですから、安易に決めるのではなく、納得できるまで2つや3つの歯科医院で相談してみてはいかがでしょうか。

今やセカンドオピニオンは当たり前の時代ですので、かかりつけの歯科医院の先生に遠慮する必要はありません。しっかり情報収集されてからじっくり検討してみてください。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。