格安インプラント広告に釣られた男性の顛末

材料、技術力、施設環境…歯科選びの留意点

今回はインプラントの費用に関するお話です(写真:marvinh/iStock)

何らかの理由で歯を失ってしまった場合の選択肢として、入れ歯やブリッジ(両隣の歯を削り、人工歯をかぶせる治療法)などに加えインプラントも一般的になりました。インプラントとは、骨の中にチタン製の小さなネジのような人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を固定する治療法です。

もちろん天然歯に勝るものはありませんが、残念ながら抜歯しなければならなくなった場合、周囲の健康な歯を削ったり、面倒な日々の手入れをしたりすることなく元の状態を再現したいものです。

中高年が入れ歯のかわりにインプラントを選択するケースはもちろん、最近は若い方が健康な歯に負担をかけない治療法として希望するケースも増えてきました。

インプラント費用は医院によって違う

しかし、インプラントは健康保険が適用されません。患者負担は一般的なケースで1本平均30万から40万円くらいと言われています。中には安さを売りにしたクリニックも存在します。今回はインプラント費用にまつわる実際にあった事例を紹介します。

安田大樹さん(仮名)39歳は2年前に奥歯のブリッジがだめになり抜歯しました。かかりつけの医院でインプラント治療を勧められましたが、その時は取り外し式の入れ歯を選択。

しかしあまりにも違和感が強く使わなくなってしまいました。しばらくすると手前の歯の隙間に物が挟まるようになったり、反対側だけで長期間食事をしたりしたため、顎の違和感を覚えインプラント治療しかないと歯科医院探しを始めたそうです。

インターネットで検索すると、たくさんの歯科医院情報があふれており治療費もバラバラ。その中で大樹さんが最も興味を引いたのは「激安!」や「たったの……」の文字。費用は「1本10万円以下」とサイトで謳われていました。

他の歯科医院のインプラント治療費と比較してあきらかに安い。驚きの3分の1、いや4分の1くらいの治療費です。どうせ同じなら少しでも安いほうがいいということでその歯科医院に相談に行ったそうです。

次ページ安さが売りの医院に行ったが…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT