将来5割減?「オフィス」に迫り来る構造変化

不動産大手がベンチャー支援を始めるワケ

東京・港区の虎ノ門ヒルズで産声を上げた「ベンチャーカフェ」。今後、毎週木曜日に起業やイノベーションに関するイベントを開催する(写真:ベンチャーカフェ)

「Action Trumps Everything!(行動はすべてに勝る=まず行動しよう!)」

米国東部ボストン発祥の起業家交流プログラム「ベンチャーカフェ」が3月下旬に東京・港区の虎ノ門ヒルズで第1回イベントを開催し、集まった約300人が春の夜空に向かって、そう叫び声を上げた。

ベンチャーカフェは、インキュベーション(起業・新事業創出支援)施設を展開する米ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC)が2009年に立ち上げたNPO法人。東京進出はボストン、マイアミなどに次いで世界で6都市目となり、アジアでは初。今後は毎週木曜日に、起業家を目指す人たちのためのイベントやワークショップを開催する。

ベンチャーカフェの東京進出を支援したのは、不動産大手の森ビル。同社にとっては、虎ノ門ヒルズに起業家やベンチャー企業を集めることで、ビジネス拠点としての魅力を高めていくのが狙いだ。

不動産大手が次々と誘致

今、東京ではスタートアップやベンチャー企業のためのビジネス拠点(ハブ)が続々と誕生している。

昨年11月、東急不動産がベンチャーキャピタルの米プラグ・アンド・プレイと提携して渋谷にインキュベーション施設「Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産」を開設。今年2月には個人事業主やスタートアップ向けのシェアオフィスを世界200拠点以上で展開する米ウィワークが、ソフトバンクとの共同出資で日本第1号オフィスを赤坂アークヒルズにオープンした。

秋葉原駅前のUDXビル内に開業した「LIFORK」(筆者提供)

その後も開業ラッシュが続く。4月にはNTT都市開発が大手町と秋葉原に保育所を併設する新しいワークプレイス「LIFORK(リフォーク)」を立ち上げた。三井不動産は、3月29日に開業した東京ミッドタウン日比谷内に、新産業創出を支援するビジネス連携拠点「BASE Q」を5月にオープンする予定だ。

次ページなぜこれほど一斉に始まるのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。