将来5割減?「オフィス」に迫り来る構造変化

不動産大手がベンチャー支援を始めるワケ

東京・港区の虎ノ門ヒルズで産声を上げた「ベンチャーカフェ」。今後、毎週木曜日に起業やイノベーションに関するイベントを開催する(写真:ベンチャーカフェ)

「Action Trumps Everything!(行動はすべてに勝る=まず行動しよう!)」

米国東部ボストン発祥の起業家交流プログラム「ベンチャーカフェ」が3月下旬に東京・港区の虎ノ門ヒルズで第1回イベントを開催し、集まった約300人が春の夜空に向かって、そう叫び声を上げた。

ベンチャーカフェは、インキュベーション(起業・新事業創出支援)施設を展開する米ケンブリッジ・イノベーション・センター(CIC)が2009年に立ち上げたNPO法人。東京進出はボストン、マイアミなどに次いで世界で6都市目となり、アジアでは初。今後は毎週木曜日に、起業家を目指す人たちのためのイベントやワークショップを開催する。

ベンチャーカフェの東京進出を支援したのは、不動産大手の森ビル。同社にとっては、虎ノ門ヒルズに起業家やベンチャー企業を集めることで、ビジネス拠点としての魅力を高めていくのが狙いだ。

不動産大手が次々と誘致

今、東京ではスタートアップやベンチャー企業のためのビジネス拠点(ハブ)が続々と誕生している。

昨年11月、東急不動産がベンチャーキャピタルの米プラグ・アンド・プレイと提携して渋谷にインキュベーション施設「Plug and Play Shibuya powered by 東急不動産」を開設。今年2月には個人事業主やスタートアップ向けのシェアオフィスを世界200拠点以上で展開する米ウィワークが、ソフトバンクとの共同出資で日本第1号オフィスを赤坂アークヒルズにオープンした。

秋葉原駅前のUDXビル内に開業した「LIFORK」(筆者提供)

その後も開業ラッシュが続く。4月にはNTT都市開発が大手町と秋葉原に保育所を併設する新しいワークプレイス「LIFORK(リフォーク)」を立ち上げた。三井不動産は、3月29日に開業した東京ミッドタウン日比谷内に、新産業創出を支援するビジネス連携拠点「BASE Q」を5月にオープンする予定だ。

次ページなぜこれほど一斉に始まるのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT