有力エコノミストが注目する業種、首位は機械

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

初のランキング1位となった「機械」。前々回から2位が指定席の「不動産業」。そして、ついに順位を落とし3位となった「輸送用機器」。その一方、「電気機器」は前回の28位から4位へ急浮上した。「医薬品」と「卸売業」は少しずつ順位を上げ、ともに5位となった――有力エコノミスト各氏への特別調査「注目の業種」の集計結果だ(『会社四季報』2013年4集 秋号8~9ページ掲載)。

これは東証33業種分類から主観的・大局的な見地で「期待できる業種」「期待できない業種」を最大3つまで挙げてもらう調査だ。

2月時点の前々回や5月時点の前回と比べると、8月時点の今回の調査では大きく順位が動いた。ことに目を引くのは電気機器の急浮上であり、それはついに「買い場到来」ということを意味しているのだろうか。

一方、エコノミスト各氏の判断により「期待できる業種」にも「期待できない業種」にも挙がっている業種があり、それはいわば「もう買えない」と「まだ買える」という強弱が対立した局面にある、投資妙味の期待しうる業種といえよう。

次ページ期待できる業種、期待できない業種
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT