有力エコノミストが注目する業種、首位は機械

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

初のランキング1位となった「機械」。前々回から2位が指定席の「不動産業」。そして、ついに順位を落とし3位となった「輸送用機器」。その一方、「電気機器」は前回の28位から4位へ急浮上した。「医薬品」と「卸売業」は少しずつ順位を上げ、ともに5位となった――有力エコノミスト各氏への特別調査「注目の業種」の集計結果だ(『会社四季報』2013年4集 秋号8~9ページ掲載)。

これは東証33業種分類から主観的・大局的な見地で「期待できる業種」「期待できない業種」を最大3つまで挙げてもらう調査だ。

2月時点の前々回や5月時点の前回と比べると、8月時点の今回の調査では大きく順位が動いた。ことに目を引くのは電気機器の急浮上であり、それはついに「買い場到来」ということを意味しているのだろうか。

一方、エコノミスト各氏の判断により「期待できる業種」にも「期待できない業種」にも挙がっている業種があり、それはいわば「もう買えない」と「まだ買える」という強弱が対立した局面にある、投資妙味の期待しうる業種といえよう。

次ページ期待できる業種、期待できない業種
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT