有力エコノミストが注目する業種、首位は機械

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

具体的には今回は、3位の「輸送用機器」、4位の「電気機器」、7位の「建設業」、10位の「情報・通信業」、12位の「小売業」、13位の「化学」、そして22位の「証券、商品先物取引業」の実に7業種もが、それに該当する。これは市場が強弱対立局面そして転換点を迎えていることの表れだろう。

ただし最下位である33位は、輸入燃料高と原発問題がダブルパンチとなっている、「電気・ガス業」のままである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの統計の裏側
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
誤算に次ぐ誤算のブレグジット<br>日系企業への影響は?

英国議会はメイ首相とEUが合意した離脱協定案を否決。今後、離脱の延期をEUに求めるが、延期が実現しても問題はその後。離脱撤回からソフトブレグジットまで、いずれの道も長い困難が続く。対応を急ぐ日系大手企業への影響もまとめた。