有力エコノミストが注目する業種、首位は機械

『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

具体的には今回は、3位の「輸送用機器」、4位の「電気機器」、7位の「建設業」、10位の「情報・通信業」、12位の「小売業」、13位の「化学」、そして22位の「証券、商品先物取引業」の実に7業種もが、それに該当する。これは市場が強弱対立局面そして転換点を迎えていることの表れだろう。

ただし最下位である33位は、輸入燃料高と原発問題がダブルパンチとなっている、「電気・ガス業」のままである。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT