有力エコノミストが注目する業種、首位は機械 『会社四季報』 有力エコノミスト景気調査(2)

拡大
縮小

具体的には今回は、3位の「輸送用機器」、4位の「電気機器」、7位の「建設業」、10位の「情報・通信業」、12位の「小売業」、13位の「化学」、そして22位の「証券、商品先物取引業」の実に7業種もが、それに該当する。これは市場が強弱対立局面そして転換点を迎えていることの表れだろう。

ただし最下位である33位は、輸入燃料高と原発問題がダブルパンチとなっている、「電気・ガス業」のままである。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT