子どもの本音をあぶり出す「家族会議」の効果

家族とちゃんと話せていますか?

男子なんてそんなものかな、と思いつつも、周りのママたちはあれこれ子どもから学校の様子を聞いているらしく、私より10倍は情報通だ。授業参観に行けば、本人はそれなりに楽しそうだが、家でこのテンションの低さはなんだろう……。私は日に日に不安になった。

「何か困ったことない?」

「ない」(即答)

「誰と遊ぶの?」

「みんな」

夫も乗り気で、いよいよ会議開催へ

私の質問もあまりに芸がないのはよくわかるが、このままでは息子との会話が破綻してしまう。家庭でこれでは、「主体的な対話」なんて身に付くはずがない。そんなことより親子のコミュニケーションが取れていなければ、息子が何を思って日々を過ごしているかがどんどんわからなくなってしまう。

私が家族会議を開いてみたいと思ったのは、こんなふうに、小学生になった息子との会話に不安を抱き始めたのがきっかけだった。どこかで耳にした「家族会議」という言葉が、ピンときたのだ。

「家族会議やってみない?」仕事中、夫にメールを出したのが、2017年の夏。息子は小学校2年生、娘は保育園の年長だった。共働きで忙しい毎日、子どもとのコミュニケーションもおざなりだったが、夫婦の間の会話も業務連絡ばかりになっていた。

「いいね。じゃあ、まずは質問をいくつか書いた紙を作ってみるから、今週末にやってみますか」

夫からはすぐに返事が来た。彼もまた何か家族の形を変えたかったのかもしれない。夏休みを終えてすぐの週末、家族4人食後のテーブルで第1回タマイコ家、家族会議を開いた。

それぞれに渡されたA4の紙に書かれているのは、

・こんしゅうよかったこと、うれしかったこと
・こんしゅうできたこと
・こんしゅういやだったこと、つまらなかったこと
・こんどいきたいところ、ほしいもの
・らいしゅうしたいこと
・かぞくのだれかにやってほしいこと

――の6項目。

次ページ息子の気持ちを引き出せるか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。