「この問題の特殊性は妻の関わりではない」

安倍首相、森友問題で妻をかばい続ける

 3月19日、安倍晋三首相は、森友学園の文書改ざんをめぐる参院予算委員会集中審議で、財務省文書の「特殊性」の意味について、昭恵夫人の関わりを示すものではなく、ゴミ撤去に伴う契約内容の変更を巡るものだったとの認識を示した。写真は森友学園の建設現場。昨年4月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相は19日午後、森友学園の文書改ざんをめぐる参院予算委員会集中審議で、財務省文書の「特殊性」の意味について、昭恵夫人の関わりを示すものではなく、ゴミ撤去に伴う契約内容の変更を巡るものだったとの認識を示した。

また内閣総辞職すべきとの指摘に対し「この問題の解明と再発防止に責任がある。この責任を果たすのが私の役割だ」として、総辞職を否定した。

福島みずほ委員(希望の会)の質問に答えた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
社外取締役のお寒い実態<br>なり手不足と低い出席率

「1人でも社外取締役がいれば」という時代は終わり、「取締役の3分の1以上必要」という時代へ。上場企業全体では6000人以上も不足することに。出席率の低い95人の実名を公開。