「この問題の特殊性は妻の関わりではない」

安倍首相、森友問題で妻をかばい続ける

 3月19日、安倍晋三首相は、森友学園の文書改ざんをめぐる参院予算委員会集中審議で、財務省文書の「特殊性」の意味について、昭恵夫人の関わりを示すものではなく、ゴミ撤去に伴う契約内容の変更を巡るものだったとの認識を示した。写真は森友学園の建設現場。昨年4月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相は19日午後、森友学園の文書改ざんをめぐる参院予算委員会集中審議で、財務省文書の「特殊性」の意味について、昭恵夫人の関わりを示すものではなく、ゴミ撤去に伴う契約内容の変更を巡るものだったとの認識を示した。

また内閣総辞職すべきとの指摘に対し「この問題の解明と再発防止に責任がある。この責任を果たすのが私の役割だ」として、総辞職を否定した。

福島みずほ委員(希望の会)の質問に答えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。