「この問題の特殊性は妻の関わりではない」

安倍首相、森友問題で妻をかばい続ける

 3月19日、安倍晋三首相は、森友学園の文書改ざんをめぐる参院予算委員会集中審議で、財務省文書の「特殊性」の意味について、昭恵夫人の関わりを示すものではなく、ゴミ撤去に伴う契約内容の変更を巡るものだったとの認識を示した。写真は森友学園の建設現場。昨年4月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 19日 ロイター] - 安倍晋三首相は19日午後、森友学園の文書改ざんをめぐる参院予算委員会集中審議で、財務省文書の「特殊性」の意味について、昭恵夫人の関わりを示すものではなく、ゴミ撤去に伴う契約内容の変更を巡るものだったとの認識を示した。

また内閣総辞職すべきとの指摘に対し「この問題の解明と再発防止に責任がある。この責任を果たすのが私の役割だ」として、総辞職を否定した。

福島みずほ委員(希望の会)の質問に答えた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT