『出産と育児休職はその後のキャリアに影響する?』(34歳女性)

城繁幸の非エリートキャリア相談

『出産と育児休職はその後のキャリアに影響する?』(34歳女性)

終身雇用の崩壊、成果主義の導入などにより、日本人の「働き方」は激変。その結果、自身のキャリアに迷えるビジネスパーソンは増えていくばかりだ。これまでの古い「昭和的価値観」から抜けだし、新たな「平成的価値観」を身に付けるためにどうすればいいのか。日本の人事制度を知り尽くした城繁幸氏が、あなたの悩みにお答えします。

CASE:38

『出産と育児休職はその後のキャリアに影響する?』(34歳女性)

<相談者の悩み>

 はじめまして。34歳の女性です。

 現在営業関連の所属で、主任クラスの業務を担当しています。転職経験はありませんし、今のところ現在の職場に満足しています。
 
 ただ、今後のキャリアについて不安もあります。今の職場では、育児休職後に肩を叩かれるということはありませんが、同じ職場への復職が認められるケースが少ないのです。

 実際、同僚女性に確認してみたところ、「復職に際して別の職場を紹介され、それを受け入れなければ(復職は)困難」と言われたとのこと。

 やはり出産後は、たとえ短時間勤務等を選択しない場合でも、現在の延長線上でキャリアを伸ばしていくことは難しいのでしょうか?

 また、女性の管理職登用についても疑問があります。社内の女性管理職を見ると、ほとんどが独身か、キャリア第一で働いている方ばかりです。やはり結婚や出産を経てしまうと、人事考課上も影響があるものなのでしょうか?

 転職についてはこれまで意識することはありませんでしたが、復職の際に上記のような影響があるのであれば、よりキャリアを行かせる方向での転職も視野に入れるつもりです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT