レクサス「UX」は走りもスタイルも規格外だ

ライバルはクロスオーバーSUVだけじゃない

そもそも、それまで悪路を走る走破性が最大の売りだったSUVを都会派のクロスオーバーSUVという形で提案し、プレミアムカーの潮流を変えた先駆け的な存在がレクサス「RX」(日本名はトヨタ「ハリアー」)だった。

「UX」は最もコンパクトなボディサイズ

現在、レクサスが展開するSUVは、「LX」「RX」「NX」の3車種に広がっているが、ここに追加される「UX」はこの中で最もコンパクトなボディサイズとなり、いわゆるレクサスのSUVとしてはエントリーモデルに位置付けられるだろう。

レクサスのSUVとしてはエントリーモデルに位置付けられる(写真: Lexus International)

UXは起伏のある道や悪路などでの走破性を左右する最低地上高はそれほど高くとっておらず、SUVのわりにルーフは低め。日本仕様はサイズが若干異なるそうだが、マンションやタワーパーキングなどの機械式駐車場に収まる全高の目安である1550mmよりも低いとなれば、都市部のユーザーにとっても、購入時のハードルが下がりそうだ。

ショー会場で初めて目にしたUXは、レクサス車を象徴するスピンドルグリルが小柄なボディに有機的に馴染むようにしてあしらわれている。グリル内のメッシュはF SPORTに因んで「F」の文字が象られたもの。メッシュのデザインは仕様によって異なるものが採用されるという。全体がこなれて見えるのと同時に、表情に意志の強さを感じさせるのは、外側に向けて切れ上がるように配されたポジションランプ。精悍な顔立ちであるとともに、どこか挑戦的な雰囲気を漂わせる。

UXはメルセデス・ベンツの「Aクラス」やBMW「1シリーズ」、VW「ゴルフ」などに代表される、欧州Cセグメントに分類されるモデルで、レクサスでは「GA-C」と呼ばれる新世代のプラットフォームを採用している。

低身長のドライバーが運転しても死角が少ない(写真: Lexus International)

開発のとりまとめを行ったのは、常務役員兼レクサスインターナショナル エグゼクティブ バイス プレジデントを務める加古慈(かこ・ちか)氏。トヨタに入社後、欧州などを舞台にインテリアの素材を検証し、提案を行う立場で活躍してきたレクサス初の女性チーフエンジニアである。

UXのエクステリアはSUVらしい力強さと守られ感を与えたのに対し、インテリアは男性よりも小柄で低身長な女性の立場で違和感を抱いていた点をデザイナーや人間工学設計の担当者と徹底的に議論。低身長のドライバーが運転しても死角が少なく、アームレストやシフトを前寄りにレイアウトし、自然に使いこなせるように解決策を施したという。

次ページ「見た目と乗り味のギャップを感じる」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT