「他人を味方に変える」3つのアプローチ方法

面接やプレゼンにも効果的な緊張のほぐし方

他人の前で緊張してしまうとき、どのように対処すればいいのでしょうか(写真:EKAKI / PIXTA)
就職活動の面接や、会議でのプレゼンなど、初対面や大勢の相手の前で話をするのは緊張するものです。精神科医の名越康文先生は、こうした緊張の奥には、無意識のうちに作られた「他人=敵」という認識があると言います。
最新刊『ソロタイム(Solo Time) 「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』より、他人を味方に変える3つのアプローチをお届けします。
私たちは無意識のうちに、他人=敵だと感じていることがある(イラスト:伊藤美樹)

 緊張をほぐすには「他人=敵」という認識を変える

自分を否定されたらどうしよう、無視されたらどうしよう、仲良くなれなかったら嫌だな……。私たちは初対面の相手や、少し苦手意識のある人に会うとき、無意識のうちに不安を覚えています。

当記事は夜間飛行が運営する「プレタポルテ」の提供記事です

それは言わば、他人が「敵」として感じられている状態と言えるでしょう。

大学受験、就職活動、仕事でのプレゼンや商談……。どんな場面でも、接する相手のことが「敵」だと感じられているうちは、無意識のうちに身体と心は緊張し、パフォーマンスも落ちてしまいます。

この緊張をほぐすには、「周囲の人やモノを、味方に変えていく」のが近道です。

もちろん、初対面でも、相手がにこやかに、フレンドリーに接してくれれば、こちらの緊張は自然とほぐれてくるでしょう。しかし、そんな恵まれた出会いを、最初から期待するべきではありません。

可能な範囲で、自分のほうから緊張をほぐし、相手を「味方」に変えていく方法を、自分なりに作っておくことが必要です。

次ページ3つのアプローチ方法
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。