40歳「婚活男性」がどん底まで落ちた深刻事情

キスをして「男女の関係」にもなったが…

終わってしまった恋に執着するのは、いちばんやってはいけないこと(写真:bee / PIXTA)

新宿のカウンセリングルーム。カウンセラーの男性と私は、会員の小宮省吾(40歳、仮名)が来るのを待っていた。ところが、約束の16時を10分過ぎても、現れなかった。約束に遅れてくるようなタイプではない。携帯に電話したがつながらない。

嫌な予感がした。

「事務所に何か連絡が入っていないか、ちょっと聞いてみます」

この連載の一覧はこちら

カウンセラーにこう告げ、部屋を出てスタッフの女性に連絡をしたが、省吾からは何の連絡も入っていなかった。

私の脳裏に断崖絶壁に1人たたずみ、強風に吹かれながら海を見下ろしている省吾の姿が思い浮かんだ。その脳裏映像が今度は、1人暮らしをしているマンションの1室で、天井にくくられたロープを思いつめた表情でジーッと見つめている省吾の姿に切り替わる。いらない心配だとはわかっていても、嫌なことばかりが思い浮かんできた。

「とにかく連絡して!待っているからね。何時になってもいいから電話かメールをください。」

LINEにメッセージを送り、それから何度も電話をして着信歴を残した。

部屋に戻り、カウンセラーの男性に言った。

「すいません。連絡がつきません。でも、何の連絡もしないで約束をすっぽかすような男性ではないんです。それだけに心のダメージが心配です。1時間だけ来るのを待っていただいてもいいですか?」

そうして1時間待ったけれど、彼は現れなかった。

40歳独身男が憔悴しきった理由とは

結果から言えば、その日、省吾は新宿に来ていた。しかし、携帯電話を家に忘れてきたことに駅を降りてから気づいた。携帯がなかったために、場所がわからず、さらに私にも連絡ができなかったという。

「約束をすっぽかしてしまう形になりました。社会人として最もしてはいけないことをしてしまいました。本当に申し訳ありません」

それから2時間後、省吾からのLINEを見て心底ほっとし、いらない心配をしていた自分に苦笑いをした。

なぜ私がそこまで心配をしたのか。そして、なぜ心理カウンセラーとともに省吾を待っていたのか。それは省吾が10月末にプロポーズし、それを受けてもらった女性から、3週間後に“婚約解消”されたからだ。その直後に面談をしたのだが、その憔悴ぶりがあまりにも痛々しかったからだ。

次ページプロポーズから3週間で“婚約解消”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT