ヘリ空母は日本の安全保障をどう変えるのか

山下万喜自衛艦隊司令官インタビュー

甲板を艦首側から後方を見たところ。その拡張性はどう生かされるのか(筆者撮影)

――それはいわゆる「自由で開かれたインド太平洋戦略」につながるものか。

そのとおり。それは安倍総理がいつも口にされるキーワードだ。

中国の海洋進出と海賊対処活動

――多国間関係について言えば、東南アジア諸国は中国の海洋進出もあり、パートナーシップを求めている。日本の艦艇は将来、南シナ海をもっと航海することになるのか。

われわれがパートナーといかにしてお互いに理解を深めていくかについて言えば、たとえば、西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)やインド洋海軍シンポジウム(IONS)がある。こうした国々の枠組みの中で相互理解を深めていくことが、先ほど述べたマルチラテラルの方向性における努力の1つとなる。

そのマルチのベースになっていくのが、われわれが海賊対処活動などを実施している地域になる。特に太平洋からインド洋を経て、ペルシャ湾に至る海域だ。ここはわれわれのみならず、いろいろな国々の経済の生命線になっている。そこにおいて、いろいろな国の港に立ち寄ってみたり、共同訓練を行ったりすることを通じて、いかに海洋の安全保障が重要かについてお互いの理解を深めている。

――たとえば、どのような国々か。

シンガポールやマレーシア、ベトナム、インドネシア、パキスタン、スリランカ、インド、バングラデシュなどだ。区別なく、いろいろな国に立ち寄っている。

――海上自衛隊は海賊対処活動にもう何年も参加しているが、今後派遣する艦艇の数を増やしたり、高性能な艦艇を派遣したりする計画はあるか。

若干誤解があるかもしれないが、海自の艦艇の寄港は何も海賊対処活動に直結しているわけではない。海賊対処活動に向かう途上を利用して寄港している。

現在行っている海賊対処活動において、艦艇を増やしたり、減らしたりという計画は少なくとも今のところない。

――アフリカのジブチは自衛隊にとって重要な拠点になっているのか。

(防衛)大綱などを読めばわかると思うが、ジブチがアフリカにおける重要なポジションにあるのは間違いない。国際平和協力活動なども含め、今後のジブチの活用法はどうあるべきかについて、さらに高いレベルで議論されている。

ジブチはもともと海賊対処の起点にはなったが、エチオピアの入り口であったり、アフリカ東部の入り口であったりする。今はソマリアの海賊対処がメインになっているが、将来どのように国際活動に使っていくかについては、高いレベルで議論されている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT