未婚女性の「専業主婦志向」が実現困難な理由

年収に関係なく未婚男には「共働き派」が多い

結果を見ると、結婚したい未婚女性は過半数の51%が「専業主婦派」であるのに対して、結婚したい未婚男性は56%が「共働き派」であることです。結婚したい未婚者に限ってみると、男性より女性のほうが「専業主婦」志向でした。

婚活の現場では「専業主婦になりたい女性」と「専業主婦になってほしくない男性」とのせめぎ合いが繰り広げられることがありますが、これは、「独身男が『結婚コスパ悪い説』を信奉する理由」の記事でも紹介したように、男女において結婚のメリットが相反し、かみ合っていないため起きる現象です。

経済的メリットのために女性は結婚したがるのに対して、経済的デメリットのために男性は結婚を避けるという構造で、未婚化が進んだひとつの要因でもあります。ちなみに、結婚する気のない未婚男女は互いに「共働き派」が6割で、非常に気が合っているといえます。

しかし、一番興味深いのはそこではなく、既婚者と未婚者との違いです。既婚男性は「専業主婦派」54%と過半数を占め、結婚したい未婚男性より14ポイントも高い結果になりました。一方、既婚女性は61%が「共働き派」で、結婚したい未婚女性より13ポイントも高いのです。未婚と既婚とでなぜその意識が正反対になるのでしょうか。

年収別に見た「理想の結婚生活」

その前に、年収階級別の意識の違いも見てみます。「専業主婦」を志向するにはそれなりに夫の経済力が必要となるからです。本人の年収によって「専業主婦」意識は変わるのかどうか、世帯年収ではなく個人年収で見てみます。

未既婚問わず、完全に男女で異なります。男性は年収が上がるほど「専業主婦派」が増え、女性はその逆です。明らかなのは、結婚したい未婚男性はその年収の多寡に関係なく、圧倒的に「共働き派」が多いということです。決して自分の年収が低いから「共働き派」ということではないようです。むしろ女性が個人年収300万円を超えると未既婚関係なく「専業主婦派」が激減する点が気になります。つまり自ら稼いでいる女性は「専業主婦になりたくない」のです。

次ページ調査で明らかになったこと
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT