コールマン、男子60mで6秒34の室内世界新

20年ぶりに世界記録を更新

(写真:Kirby Lee-USA TODAY Sports/File Photo)

世界陸上銀メダリストのクリスチャン・コールマンが18日、ニューメキシコ州アルバカーキで開催された全米室内陸上大会・男子60mを6.34秒で走り終え、世界記録を破った。

従来の世界記録6.39秒を20年保持し続けたのは、同じくアメリカ人のモーリス・グリーン選手。「あっという間だったよ」。昨年の2017年世界陸上競技選手権大会・男子100mで銀メダルを獲得した21歳のコールマンは述べる。コールマンは、3月に英バーミンガムで開催される世界陸上競技選手権大会でアメリカチームを率いる予定だ。

先月、サウスカロライナ州開催の非公認の競技会で6.37秒をマークし、グリーン選手の世界記録を更新したコールマンにとって、高い標高のアルバカーキでのパフォーマンスは満足いく結果だったが、技術的な面では不満が残ったようだ。

「勝ちに行きたかったんだ」。レース終了後、彼はこう答えた。「スタートとトランジションの練習にたくさん力を注いだ甲斐があった」。

(ノースカロライナ州サルボ 報道:ジーン・シェリー 編集:グレッグ・スタックバリー)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT