コールマン、男子60mで6秒34の室内世界新

20年ぶりに世界記録を更新

(写真:Kirby Lee-USA TODAY Sports/File Photo)

世界陸上銀メダリストのクリスチャン・コールマンが18日、ニューメキシコ州アルバカーキで開催された全米室内陸上大会・男子60mを6.34秒で走り終え、世界記録を破った。

従来の世界記録6.39秒を20年保持し続けたのは、同じくアメリカ人のモーリス・グリーン選手。「あっという間だったよ」。昨年の2017年世界陸上競技選手権大会・男子100mで銀メダルを獲得した21歳のコールマンは述べる。コールマンは、3月に英バーミンガムで開催される世界陸上競技選手権大会でアメリカチームを率いる予定だ。

先月、サウスカロライナ州開催の非公認の競技会で6.37秒をマークし、グリーン選手の世界記録を更新したコールマンにとって、高い標高のアルバカーキでのパフォーマンスは満足いく結果だったが、技術的な面では不満が残ったようだ。

「勝ちに行きたかったんだ」。レース終了後、彼はこう答えた。「スタートとトランジションの練習にたくさん力を注いだ甲斐があった」。

(ノースカロライナ州サルボ 報道:ジーン・シェリー 編集:グレッグ・スタックバリー)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT