コールマン、男子60mで6秒34の室内世界新

20年ぶりに世界記録を更新

(写真:Kirby Lee-USA TODAY Sports/File Photo)

世界陸上銀メダリストのクリスチャン・コールマンが18日、ニューメキシコ州アルバカーキで開催された全米室内陸上大会・男子60mを6.34秒で走り終え、世界記録を破った。

従来の世界記録6.39秒を20年保持し続けたのは、同じくアメリカ人のモーリス・グリーン選手。「あっという間だったよ」。昨年の2017年世界陸上競技選手権大会・男子100mで銀メダルを獲得した21歳のコールマンは述べる。コールマンは、3月に英バーミンガムで開催される世界陸上競技選手権大会でアメリカチームを率いる予定だ。

先月、サウスカロライナ州開催の非公認の競技会で6.37秒をマークし、グリーン選手の世界記録を更新したコールマンにとって、高い標高のアルバカーキでのパフォーマンスは満足いく結果だったが、技術的な面では不満が残ったようだ。

「勝ちに行きたかったんだ」。レース終了後、彼はこう答えた。「スタートとトランジションの練習にたくさん力を注いだ甲斐があった」。

(ノースカロライナ州サルボ 報道:ジーン・シェリー 編集:グレッグ・スタックバリー)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。