コールマン、男子60mで6秒34の室内世界新

20年ぶりに世界記録を更新

(写真:Kirby Lee-USA TODAY Sports/File Photo)

世界陸上銀メダリストのクリスチャン・コールマンが18日、ニューメキシコ州アルバカーキで開催された全米室内陸上大会・男子60mを6.34秒で走り終え、世界記録を破った。

従来の世界記録6.39秒を20年保持し続けたのは、同じくアメリカ人のモーリス・グリーン選手。「あっという間だったよ」。昨年の2017年世界陸上競技選手権大会・男子100mで銀メダルを獲得した21歳のコールマンは述べる。コールマンは、3月に英バーミンガムで開催される世界陸上競技選手権大会でアメリカチームを率いる予定だ。

先月、サウスカロライナ州開催の非公認の競技会で6.37秒をマークし、グリーン選手の世界記録を更新したコールマンにとって、高い標高のアルバカーキでのパフォーマンスは満足いく結果だったが、技術的な面では不満が残ったようだ。

「勝ちに行きたかったんだ」。レース終了後、彼はこう答えた。「スタートとトランジションの練習にたくさん力を注いだ甲斐があった」。

(ノースカロライナ州サルボ 報道:ジーン・シェリー 編集:グレッグ・スタックバリー)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT