「強化と集客」フットサル界が抱える2大課題

日本にフットサル文化は根付くのか?

1つ目は、湘南ベルマーレやデウソン神戸が2017/2018シーズンに行った「はしご観戦」の試みだ。Jリーグの試合を観戦した地元のサポーターに、そのままFリーグの試合を観てもらおうとするこの集客施策は、結果的に大きな成功を収めた。中でも、湘南ベルマーレは、J2リーグ第36節の湘南ベルマーレvs水戸ホーリーホックの試合終了後に、同じ敷地内の平塚総合体育館でFリーグ第20節を開催し、結果的に、1674人もの観客を集めることに成功した。

サッカーの観客動員数が6629人だった。そこからサポーターがフットサル観戦を「はしごした」ことで、通常の試合よりも観客動員数を増やすことができたのだ。サッカー観戦とフットサル観戦の親和性の高さが証明された企画だった。さらに、緑色のウェアを身にまとって声援を送った湘南ベルマーレのサポーターは、男子バスケのBリーグのような派手な会場演出が実現できなくても、サポーターの熱によって、体育館を非日常空間に変えられることをも見事に証明してみせた。

サポーターの力が試合に影響

2点のビハインドから追いつき、さらに残り4分で5点を加え、劇的な勝利を掴みとった試合に対して、「点差が開いたのは、ホームの声援に後押しされた湘南の選手たちが奮起したから。こういう雰囲気の試合が増えれば、選手も観客も楽しめるはず」(当時シュライカー大阪監督、現フットサル日本代表コーチの木暮賢一郎氏)

湘南ベルマーレのサポーターで会場はにぎわった(筆者撮影)

「会場を見回したときに、鳥肌が立ちました。あのピッチに立っていられたことは、フットサル選手として本当に幸せなことだと感じます。毎試合あのような雰囲気で試合ができたら、絶対負けないんじゃないかって思うくらいです」(湘南ベルマーレフットサルクラブ刈込真人選手)

と、それぞれ監督や選手の立場から、サポーターの力が試合に大きく影響したことを認める発言をしている。

2つ目は、ここ数年、Fリーグの中でも、最も観客動員数を伸ばしたエスポラーダ北海道の取り組みだ。このクラブは、「道産子の夢をのせて」というスローガンのもと、地元に密着した様々な活動を行っているが、その中でも特徴的なのが、チームの編成方針だ。チームに所属する選手たちは全て北海道民出身者で構成されており、いわば、北海道の中から選抜された道民の代表チームなのだ。

次ページ日本にフットサル文化は根付くか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。