「強化と集客」フットサル界が抱える2大課題

日本にフットサル文化は根付くのか?

Fリーグは、新たな取り組みとして、2018/2019シーズンより、Fリーグを2部制にすると発表した。F1の12クラブに加え、新設するF2に7クラブの加盟が承認された。これによりFリーグに加盟するクラブは全19クラブとなった。同時に、若手選手を中心としたFリーグ選抜が新たに編成されてF1に参戦すること、F1最下位とF2優勝クラブによる入れ替え戦を実施することも決まっている。

この施策についても、北原亘氏は、強化や活性化の面での効果と、集客面での課題の2面性に言及した。

「前回ワールドカップへの出場を逃したフットサル日本代表が、次のワールドカップに出るための強化をするという意味では非常に素晴らしい取り組みだと思います。一方で、Fリーグの集客という面ではどうでしょうか。入場者数が目減りしている中で、さらに入場者数が分散してしまう恐れもあります。加盟する各チームが新たに出てきた課題に対して、仮説を立てて検証するという視野を持ってやっていかないと厳しいのではないかと考えています」

地道な取り組みを全クラブができるか

Fリーグは、まだ11年目を終えたばかりの歴史の浅いリーグだが、いくつかのクラブは、少しずつ地域との関わりを強めながら、身の丈に合った取り組みを行い、自らの環境を整備したり、集客面で成功する事例を生み出し始めている。現時点では、このような地道な取り組みを行うことができるチームとできないチームがあるのは事実だ。

12年目を迎えるFリーグはどのように変わっていくのか(撮影:今井康一)

現在の日本のフットサル界は、チーム間の格差はありつつも、仮説・検証を繰り返しながら、一つずつ成功体験を積み重ねている段階にあると言えるだろう。

いわば、「バラバラ」に歩みを進めている現状に対して、誰がどんな解決策を提示していくのだろうか。

協会・リーグ・チーム、そして地域が一体となって、課題解決に取り組んでいくことができるかどうかが、日本のフットサル界隆盛のカギを握っていると言えそうだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?