ヨーロッパ人とインド人は、同じ民族なのか

意外と知らない「民族のルーツ」

・白人の解釈

このノアの方舟伝説からコーカソイドの名を生み出した人物がドイツのヨハン・フリードリヒ・ブルーメンバッハ(1752~1840年)です。彼は「人類学の父」と呼ばれます。ブルーメンバッハをはじめとするヨーロッパの人類学者たちは19世紀まで、コーカサス地方出身の白人こそが人類の原形であり、その他の人種は退化した劣等種であると考えていました。「白人は神に選ばれた人種であり、その証拠として、他のどの人種よりも美しく、知性的である」という類いの論評が頻繁に書かれていました。

最近では、コーカソイドという呼称が歴史的に多くの偏見を含んでいるとして、これを忌避するため、「西ユーラシア人」と呼ぶこともあります。

・疑わしい学説

コーカサス地方は南ロシアに位置し、ヨーロッパへのルートとインドへのルートのまん中にあります。コーカサス地方にいた人々がこの2つの方面へ移動して分かれたという、上記のジョーンズの説が地理的にも聖書の記述と合致します。

そのため、「インド・ヨーロッパ語族」というジョーンズが提起した分類が当時のヨーロッパ人の間で、何の抵抗もなく、受け入れられました。

そして、今日のわれわれはこうした経緯をもとに、「インド・ヨーロッパ語族は南ロシアを原住地として、そこからイランやヨーロッパ、インドへ拡散した」と学校で教わります。教科書にも、そのように書いてあります。

こうした説明は当時の18~19世紀の学術上の受容経緯からして、疑わしいと言わざるをえません。決定的な証拠はどこにもなく、すべて、仮説の領域の話です。

ただ、一方で、インド人とヨーロッパ人が同源という学説を否定する根拠もありません。否定することはできないとしても、疑うことはできます。

常識的な感覚によって、非常識である学説を疑う

・われわれのルーツを問うために

DNA解析の結果、西北インドの人々やアフガニスタン人の一部がヨーロッパ白人に近いとするデータもあります。その後の有史2000年の間に、ヨーロッパ人の一団が移住してきたということもあるでしょうから(イギリス植民地時代など)、今日のDNA解析によって、紀元前の太古の民族分布を掴むことなど到底できません。

『「民族」で読み解く世界史』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

インド人とヨーロッパ人が同系の民族だったという説明に対し、「そんなバカな」と思うのが、われわれの常識的な感覚でしょう。その常識的感覚が歴史を見ていくうえで、欠かせないように思います。

「日本人はどこからやってきたのか?」というわれわれのルーツを問うような問題に対しても、同じです。さまざまな学説がありますが、すべての学説に明確な根拠・証拠があるのかと言えば、そうではありません。証拠がないかぎり、その空白を補うため、推論や仮説が展開されます。そして、そのときに問われるのが、われわれの常識的な感覚によって、しばしば非常識である学説を疑うことではないでしょうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。