萌え断女子が殺到するフルーツサンドの秘密

フルーツを使った商品は進化し続けている

「最初はチョコレート系が合うと思ったんですけど、いまいちうまくいかない。悩んでいるときに、スーパーへ行ったら、ジンジャーパウダーを見つけて『これだ』と。スライスするやり方は、レシピ本で見つけました。クックパッドなどを参考にすることもあります」と、説明する研究熱心な松田氏。しかし、以前は、フルーツサンドに興味はなかったという。

世の中には、フルーツサンドが好きな人と敬遠する人の2通りがいる。敬遠派は、サンドイッチに果物を挟む感覚が理解できない。松田氏は後者だった。

インスタのコメントから商品開発も

だから、この店の経営母体「日と々と(ひとびと)」での異動で、フツウニフルウツの店長を命じられた折は、フルーツサンドだけで店が成り立つのか半信半疑だった。ただ、料理は好きで、店長になってからは自分なりに何が合うかを考え、味を決めてきた。他店のフルーツサンドを食べ比べたりはしない。先入観にとらわれず素材に寄り添った発想が人気を呼び、ネットを中心に口コミで名前が広がったのである。

商品開発に熱心な松田氏(撮影:今井康一)

インスタでの反応を、マメにチェックしているという松田氏。「イチゴダイフクに挟むあんは最初、白あんだけだったんですが、インスタでお客さんから『粒あんもやってほしい』とリクエストがあって、2種類から選べるようにしました」と話す。日常の接客では会話を楽しむ余裕はないというが、SNSを通じてマメに情報収集を行っていることも、魅力的な商品開発に役立っているのではないだろうか。

東京・神宮前の人気パン屋・カフェの「パンとエスプレッソと」などを開く日と々とは、フルーツサンド専門店を立ち上げるにあたり、店名に「普通にフルーツを、日常的に食べてほしい」という思いを込めた。商品開発にあたり相談したのが、東京・中野区で1940年から続く果物屋、フタバフルーツだった。

老舗とはいえ、なぜ小さな果物屋に白羽の矢が立ったのか。それは、フタバフルーツがここ10年ほど、フルーツイベントやケータリングを手掛けてきた実績があるからだ。

次ページある日目覚めた「3代目」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT