萌え断女子が殺到するフルーツサンドの秘密

フルーツを使った商品は進化し続けている

ケータリング先はアパレル企業のレセプションから個人のホームパーティまで幅広く、昨年の実績は172件にも及ぶ。インスタで#フタバフルーツと検索すると、フルーツを使ったカラフルなフルーツプレートやタワーなどが出てくる。

フタバフルーツに目を付けたのは、日と々とだけではない。「ワイアードカフェ」などを手掛けるカフェ・カンパニーも、銀座プレイス内に「ラモ フルータス カフェ」をオープンするのにあたり、フタバフルーツにフルーツの提供を求めた。ここで手を組んだ両社は、今年2月1日に、「フタバフルーツパーラー」をアトレ川崎店に開店。今後店舗を増やしていく計画だ。ここでも、主役の1つは、フルーツサンドである。

「遊び中心」の3代目を変えた一言

なぜ、町の果物屋が、さまざまな事業を手がけるようになったのか。それは、フタバフルーツ3代目社長の成瀬大輔氏の経歴と、果物市場の変化が関係している。

フタバフルーツパーラーでは、フルーツサンドのほか、パンケーキやケーキなども。パンケーキはグルテンフリー、さらにすべてビーガン対応できる(撮影:今井康一)

そもそも、成瀬氏は果物屋の3代目としては、かなりユニークな経歴の持ち主である。

1970年生まれ、47歳の成瀬氏が一般企業勤めを経て、家業を継いだのは1993年。きっかけは、趣味のサーフィンやスノーボードを楽しむため、長い休暇を取りやすいと考えたことだ。売り上げは右肩下がりだったが、遊び中心なまま30代半ばになった頃、遊び仲間の先輩から「これからどうするんだ」と問われた。

フタバフルーツパーラーの店頭に並ぶ、さまざまなフルーツを使ったパフェ(撮影:今井康一)

「家賃も払わなくていいし、適当にやればいい」と答えたところ「お前は肝心なことをわかっていない。おじいちゃん、お父さんがつくってくれた果物屋の歴史はお金では買えない。ちゃんと向き合って男らしく幕の閉じ方を考えろ」と説教された。

先輩の言葉を素直に受け止め反省した成瀬氏は、2006年には新宿・歌舞伎町のクラブで、切る前のフルーツや流木などでオブジェを作り、カットしたフルーツをふんだんに食べられる初のライブイベントを開催。会場には500人が詰めかけた。「音楽があるとみんな高揚して、フルーツを囲んで会話をしている。フルーツをもっと大胆に見せて、食べさせたい」と本気になった。

次ページ厳しい「町の果物屋さん」の経営
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT