これがB型肝炎にかかった子どものミイラだ

500年前のミイラに新たな疑い

教会には、子どもの棺桶のほかに数十個の木製の棺桶が安置されている。そのうちのいくつかには、アラゴン王国の王子やナポリの貴族のミイラが入っており、織物や高価な絹などで作られた衣服を身にまとっている。ミイラの多くが防腐処置を施されているが、中には乾燥した教会の中で、自然にミイラ化したものもある。

ピサ大学の古病理学者で、論文執筆に参加したジノ・フォルナチャーリはこう述べる。「サン・ドメニコ・マッジョーレ教会のミイラがほかと違うのは、その古さと保存状態のすばらしさに加えて、有名な人物が埋葬され、その生涯と死因がよく知られていることだ」。

B型肝炎でも発疹が出る

フォルナチャーリは1980年代に、初めてこの子どものミイラを調査した。彼は電子顕微鏡を使って、天然痘の痕跡と思われるものを発見した。それ以来、この子どもは欧州における初期の天然痘の典型例とされてきた。天然痘ウイルスの歴史と多様性を調べていたホームズらが、このミイラを重要な調査対象としたのはそのためだ。

顔には複数の湿疹跡が残っている(写真:Gino Fornaciari/University of Pisa via The New York Times)

2016年、ホームズのチームは17世紀のリトアニアのミイラに、天然痘の痕跡を発見した。彼らは、ナポリのミイラを分子生物学の手法で再調査することによって、欧州の天然痘の存在をさらに100年前までさかのぼれると期待していた。

「あのミイラに望みをかけていた」とポイナーは言う。「スラムダンクになるはずだったのだが、思ったとおりにはいかないものだ」。

彼らが子どものミイラのゲノム配列を特定し、分子解析を行うと、天然痘ウイルスの痕跡はまったく見つからなかった。だが、彼らはB型肝炎の痕跡を見つけた。

当初、研究者チームはこの発見にあまり関心を持たなかった。しかし、やがて彼らは、子どもがB型肝炎に感染すると「ジアノッティ症候群」と呼ばれる皮疹の症状が出ることに思い当たった。そして、子どものミイラの顔に見られる発疹は、B型肝炎ウイルスが引き起こしたものかもしれないと考えた。

次ページ本当にB型肝炎に感染していたのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT