ホッケー女子、南北合同チームは初戦大敗

世界ランク6位のスイスに0-8、日本も惜敗

 2月10日、平昌冬季五輪アイスホッケー女子1次リーグB組、日本はスウェーデンに1─2で敗れた。写真は試合後の日本の選手たち(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[江陵(韓国) 10日 ロイター] - 平昌冬季五輪は10日、アイスホッケー女子1次リーグB組の試合を行い、世界ランク9位の日本は同5位のスウェーデンに1─2で敗れた。

第1ピリオド序盤に先制された日本は第2ピリオドに浮田留衣のゴールで追いついたが、第3ピリオドに勝ち越された。

もう1試合では、韓国と北朝鮮の合同チームが世界ランク6位のスイスに0─8で大敗した。合同チームは北朝鮮の選手12人中3人を起用した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。