ホッケー女子、南北合同チームは初戦大敗

世界ランク6位のスイスに0-8、日本も惜敗

 2月10日、平昌冬季五輪アイスホッケー女子1次リーグB組、日本はスウェーデンに1─2で敗れた。写真は試合後の日本の選手たち(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[江陵(韓国) 10日 ロイター] - 平昌冬季五輪は10日、アイスホッケー女子1次リーグB組の試合を行い、世界ランク9位の日本は同5位のスウェーデンに1─2で敗れた。

第1ピリオド序盤に先制された日本は第2ピリオドに浮田留衣のゴールで追いついたが、第3ピリオドに勝ち越された。

もう1試合では、韓国と北朝鮮の合同チームが世界ランク6位のスイスに0─8で大敗した。合同チームは北朝鮮の選手12人中3人を起用した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。