ホッケー女子、南北合同チームは初戦大敗

世界ランク6位のスイスに0-8、日本も惜敗

 2月10日、平昌冬季五輪アイスホッケー女子1次リーグB組、日本はスウェーデンに1─2で敗れた。写真は試合後の日本の選手たち(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[江陵(韓国) 10日 ロイター] - 平昌冬季五輪は10日、アイスホッケー女子1次リーグB組の試合を行い、世界ランク9位の日本は同5位のスウェーデンに1─2で敗れた。

第1ピリオド序盤に先制された日本は第2ピリオドに浮田留衣のゴールで追いついたが、第3ピリオドに勝ち越された。

もう1試合では、韓国と北朝鮮の合同チームが世界ランク6位のスイスに0─8で大敗した。合同チームは北朝鮮の選手12人中3人を起用した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。