ホッケー女子、南北合同チームは初戦大敗

世界ランク6位のスイスに0-8、日本も惜敗

 2月10日、平昌冬季五輪アイスホッケー女子1次リーグB組、日本はスウェーデンに1─2で敗れた。写真は試合後の日本の選手たち(2018年 ロイター/Brian Snyder)

[江陵(韓国) 10日 ロイター] - 平昌冬季五輪は10日、アイスホッケー女子1次リーグB組の試合を行い、世界ランク9位の日本は同5位のスウェーデンに1─2で敗れた。

第1ピリオド序盤に先制された日本は第2ピリオドに浮田留衣のゴールで追いついたが、第3ピリオドに勝ち越された。

もう1試合では、韓国と北朝鮮の合同チームが世界ランク6位のスイスに0─8で大敗した。合同チームは北朝鮮の選手12人中3人を起用した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。