カフェで起業して10年続けられる人の仕事観

「基本」を進化させ、お客を裏切らない

体調が回復すると、実家所有の土地にギャラリーを開店。来店客に向けて、本格的なコーヒー提供を考える。同時期に、人から紹介された鈴木誉志男氏(サザコーヒー創業者)の薫陶を受け、2週間サザの本店に通い、コーヒーの淹れ方や接客を学んだ。

牛久にちなんだ「商品開発」

サザコーヒーからは「地元を深掘りした商品開発」の大切さも学び、実践した。それが現在のサイトウコーヒーの人気メニュー「横綱ブレンド」(税込み480円)と「カッパフェ」(420円)だ。前者は、茨城県出身の大相撲力士・稀勢の里にちなんだもの。

サイトウコーヒーの横綱ブレンド(写真:筆者撮影)

「稀勢の里関が横綱に昇進した時、何か応援したくて試作を重ねて完成したコーヒーです。味はもちろん、商品へのストーリー性が大切なので、第72代横綱にちなみ、コーヒー豆のブレンドを『7:2:1』に。7割はインドネシアのマンデリン、2割はブラジル、1割はエチオピアの豆です。1割には横綱を応援する牛久市民の思いを込めました」(齋藤氏)

「カッパフェ」は牛久沼の河童伝説を、かわいらしいミニパフェに体現した。こちらは抹茶アイス、星形クッキー、コーヒーゼリー、いちごダイスなどで構成され、いろんな味が楽しめる。時間限定での提供だが“インスタ映え”するのでSNSで人気が沸騰した。

17年続けられたのは、3人いる女性スタッフのレベルの高さもあるという。

次ページそんな2人の「失敗経験」とは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT