中国経済の鈍化は世界経済の大きな重しだ

「GDP水増し」をきっかけに試算してみた

中国の習近平国家主席。その舵取りが世界経済に大きな影響を与える(写真:AFP/アフロ)

2月の株価下落で市場が動揺したが、中国の市場は大きな問題とはなっていないようだ。しかし、今年に入って中国の内モンゴル自治区、天津市が域内GDP(域内総生産)の「水増し」を認めるという出来事があった。

この連載の過去記事はこちら

中国のGDP(国内総生産)統計に対する疑念は今に始まったことではないが、ほかの地域や国全体の統計にも少なからず不正がありそうだ。この疑念が強くなったのは上海株の暴落などによって景気が悪化していた2015年あたりからである。

世界経済にとって思わぬリスクとなる可能性

今回注目したいのは、過去に水増しが行われていたことそれ自体ではなく、2015~2016年の水増しの影響が今も残っている可能性が高いという点である。この影響が、2018年の世界経済にとって思わぬリスクとなる可能性がある。

過去の水増しが残るというのは、たとえば2016年に1%ポイントだけ成長率が水増しされていたとすれば、成長率を計算する際の「発射台」がカサ上げされるため、2017年の成長率が低くなってしまうというテクニカルなものだ。

本当の2017年の成長率は公式統計が示す以上に高かったのではないか。さらに、このような過去の水増しによるテクニカルな影響だけでなく、「水増し分のつじつま合わせ」のために、各地域が2017年にあえて低い成長率を設定したとすれば、本当はさらに成長率が高かった可能性がある。

次ページ2015~2016年はGDPと李克強指数が乖離
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT