中国経済の鈍化は世界経済の大きな重しだ

「GDP水増し」をきっかけに試算してみた

中国の習近平国家主席。その舵取りが世界経済に大きな影響を与える(写真:AFP/アフロ)

2月の株価下落で市場が動揺したが、中国の市場は大きな問題とはなっていないようだ。しかし、今年に入って中国の内モンゴル自治区、天津市が域内GDP(域内総生産)の「水増し」を認めるという出来事があった。

この連載の過去記事はこちら

中国のGDP(国内総生産)統計に対する疑念は今に始まったことではないが、ほかの地域や国全体の統計にも少なからず不正がありそうだ。この疑念が強くなったのは上海株の暴落などによって景気が悪化していた2015年あたりからである。

世界経済にとって思わぬリスクとなる可能性

今回注目したいのは、過去に水増しが行われていたことそれ自体ではなく、2015~2016年の水増しの影響が今も残っている可能性が高いという点である。この影響が、2018年の世界経済にとって思わぬリスクとなる可能性がある。

過去の水増しが残るというのは、たとえば2016年に1%ポイントだけ成長率が水増しされていたとすれば、成長率を計算する際の「発射台」がカサ上げされるため、2017年の成長率が低くなってしまうというテクニカルなものだ。

本当の2017年の成長率は公式統計が示す以上に高かったのではないか。さらに、このような過去の水増しによるテクニカルな影響だけでなく、「水増し分のつじつま合わせ」のために、各地域が2017年にあえて低い成長率を設定したとすれば、本当はさらに成長率が高かった可能性がある。

次ページ2015~2016年はGDPと李克強指数が乖離
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。