いよいよバブルは「終わりの始まり」なのか

米国ハイイールド市場の不気味な兆候とは?

中国で何かが起きれば、陽気な米国大統領にもなすすべはない(写真:ロイター/アフロ)

足元で米国のハイイールド債の市場に異変が起きている。ハイイールド債とは信用力の低い会社が発行する債券のことである。信用力が低い(=リスクが高い)ために金利が高く設定されており、高利回りを求める投資家に選好されている。

異変とは米国ハイイールド債のスプレッド(信用リスクに応じて米国国債に上乗せされる金利の幅)のワイド化(拡大)である。スプレッドのワイド化は債券価格としては下落を意味し、倒産の可能性が高まったときに起こる。

ハイイールド債は金融市場が崩れるときは、真っ先に売られるといわれる。ハイイールド市場でスプレッドのワイド化が起こるたびに、機関投資家の間ではいよいよ終わりの始まりかという声が聞こえるが、実際のところはどうなのだろうか。

実は今回はやばい兆候に思えて仕方がない。

今回のワイド化は原因がはっきりしない

まずはここ1年程度のスプレッドの動きをみてみよう。

米国ハイイールド市場のスプレッドのワイド化=債券価格の下落は今年に入ってから2回ほどみられたが、いずれも理由がはっきりしていた。3月は原油の下落で、8月は北朝鮮の地政学リスクである。

今回に関しては、トランプ政権の税制改革の遅れ、米国のテバ社(製薬会社)の格下げやスプリント社の合併中止、サウジアラビアの政治リスク、FRB(米国連邦準備制度理事会)による利上げ観測、中国の債務問題、単なるハイイールド市場からほかの市場への資金流出などの要因であるが、いずれも後講釈的な感じで直接の原因ではないように思える。

次ページ中国をめぐる気持ちの悪い状況
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ビジネスに効く<br>最強の健康法

現代人の大きな悩みである健康。多忙なビジネスパーソンのため、すぐに実践でき即効性がある健康法を厳選。糖質制限簡易版に加え「ゾンビ体操」「これだけ体操」を大きなイラスト入りで紹介。健康経営、健康ビジネスに踏み出す企業も満載。