映画「チャーチル」が現代に与える示唆の数々

東洋経済オンライン読者限定試写会を開催

『エクソシスト』(1973年)や『ゴッドファーザー』(1972年)などで知られる特殊メーク界の巨星ディック・スミスに師事した辻は、兄弟子のリック・ベイカーらとともにキャリアを重ね、『マッド・ファット・ワイフ』(2007年)など、アカデミー賞に2度もノミネートされている。そのスタイルはまさに、特殊メークを芸術の域に高めた偉人たちの系譜に連なるものであった。

オールドマンをメークアップ技術でチャーチルに「変身」させた、特殊メークアーティストの辻一弘。この作品で、本年度アカデミー賞のメークアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされている (配給会社提供)

2012年に映画業界を引退し、現代美術の道に進んでいた辻だったが、そんな彼にラブコールを送ったのはほかならぬオールドマンだった。「あなたが引き受けてくれたら、わたしはこの映画に出る」という彼の口説き文句に逆らうこともできず、辻は再び映画の特殊メークを担当することを決意したという。

とはいえ、顔の形、目などのパーツの配置など、チャーチルとは正反対であるオールドマンの顔をいかにしてチャーチルに似せるか。その特殊メークの開発と試作には6カ月という歳月がかけられた。撮影本番時も、ヘアメークに3時間半、衣装を着るのに30分。オールドマンは朝3時にスタジオに入り、撮影クルーが来る7時ギリギリまで準備に費やす日々だったという。

「政界一の嫌われ者」から「頼れるリーダー」に変貌

言うまでもなく、辻が作り上げたチャーチルの姿は、恐るべき完成度である。この映画ではほぼ全編、チャーチルの姿が映し出されているが、意識しなければそれが特殊メークであると気づくのは難しい。当然ながら、オールドマンを別人に仕立て上げた辻の仕事ぶりは高く評価され、本年度アカデミー賞のメークアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされている。“3度目の正直の受賞”、が期待されている。

脚本は、『博士と彼女のセオリー』(2014年)で知られるアンソニー・マクカーテン。彼は本作の脚本について「仕事のあり方や、リーダーシップとしての質、そして思考回路を考察する中で形を作っていった。チャーチルは言葉の力を強く信じていた。彼はペンを取り、脅威に直面した国を助けたのです」と解説する。

「政界一の嫌われ者」だったチャーチルが、国民から「頼れるリーダー」として支持されていく姿が描かれる ©2017 Focus Features LLC.All Rights Reserved.

チャーチルが戦後に発表し、ノーベル文学賞を獲得した自著、『第二次世界大戦』(河出文庫)の中で、アメリカのフランクリン・ルーズベルトから第2次世界大戦をどう呼ぶべきかと尋ねられ、「無益の戦争である」と即答したというエピソードがある。彼は「世界に残されていたものを破壊しつくしたこんどの戦争ほど、防止することが容易だった戦争はかつてなかった」と語っている。

「政界一の嫌われ者」だったチャーチルが、「頼れるリーダー」へと変貌し、決断を下すまでに至ったのか。この映画にはその過程が熱く語られており、現代に生きるわれわれにも多くの示唆を与えてくれる。

(文中一部敬称略)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?