結婚するなら本命と「キープ」どちらがいいか

「キープ」と妥協で結婚した女性の8割に不満

結婚相手として本命ではない異性との距離感とは?(写真:プラナ / PIXTA)
「未婚化」「晩婚化」が進み、平均初婚年齢が上昇する中、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。以前、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介しました(4回目の記事は『女性が「彼氏が欲しい」と思うピークはいつか』)。今回は同調査の中から、結婚相手として本命ではない異性との距離感について、2回に分けてご紹介します(前編の記事は『愛されるより愛したい女性はルックス重視だ』)。
なお、本稿記載のデータは、明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

本命以外の異性との交友関係をキープした人の割合

自分の思い描く結婚相手としてのタイプとは必ずしも一致しないけれども、本命とは別に交友関係を維持(キープ)する人もいます。35~54歳の男女に本命以外の異性との交友関係をキープしたことがあるかを尋ねたところ(既婚者は結婚前のことについて回答)、既婚の男女は約3割(既婚男性32.6%・既婚女性30.4%)がキープしたことがあるようです。一方、未婚者は既婚者に比べてキープ経験がある割合が低く、男性は約6人に1人(16.2%)、女性は約5人に1人(19.5%)でした。

次ページ年代、性別によっても差がある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。