愛されるより愛したい女性はルックス重視だ

「非本命」のデートの誘いに応じる女性は5割

男女ともそれぞれ抱く理想・条件にこだわり続けることなく結婚した人もいるようです(写真:filadendron / iStock)
「未婚化」「晩婚化」が進み、平均初婚年齢が上昇する中、男女交際・結婚への意識にはどのような傾向が見られるのでしょうか。以前、平均初婚年齢を過ぎた年齢層から、生涯未婚率の基準である50歳を過ぎた年齢層までを対象に行った調査の結果を4回に分けてご紹介しました(4回目の記事は「女性が『彼氏が欲しい』と思うピークはいつか」)。
今回は同調査の中から、結婚相手として本命ではない異性との距離感について、2回に分けてご紹介します。
なお、本稿記載のデータは、明治安田生活福祉研究所が行った「35~54歳の結婚意識に関する調査」、および「男女交際・結婚に関する意識調査」の調査結果を使用しています。

好きになってくれた人と結婚するほうが幸せ?

異性との交際・結婚を考えるにあたって、男女ともそれぞれ抱く理想・条件にこだわり続けることなく結婚した人もいるようです。

35~54歳の人に対して、30歳当時、自分が好きになった人と結婚するよりも、自分のことを好きになってくれた人と結婚するほうが幸せだと思っていたかをたずねたところ、男性は5~6割(既婚者54.8%・未婚者56.7%)が自分のことを好きになってくれた人と結婚するほうが幸せだと思っていたようです。

一方、女性は男性より高く、6~7割(既婚者66.0%・未婚者59.5%)が、自分のことを好きになってくれた人と結婚するほうが幸せだと思っていました。

次ページアラサー世代はどうか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT