九州の災害路線復旧は「三陸」方式にならえ

日田彦山線、費用面で再開めど立たず

大鶴駅(大分県日田市)付近の日田彦山線。復旧工事は、まだ手つかず(筆者撮影)

九州は自然災害にしばしば見舞われている土地だ。台風18号の被害によって約3カ月間運休していた日豊本線の臼杵―佐伯間は、2017年12月18日にようやく運転を再開したが、2016年の熊本地震や、昨年7月5日の九州北部豪雨などによって長期運休に追い込まれている鉄道路線が、ここのところ複数ある。

現在、運転を見合わせている区間は、JR九州の久大本線光岡―日田間(2.4km)と日田彦山線添田―夜明間(29.2km)、および豊肥本線の肥後大津―阿蘇間(27.3km)と第三セクターの南阿蘇鉄道立野―中松間(10.5km)だ。前者2区間は九州北部豪雨、後者2区間は熊本地震による被災、不通区間である。

被災各線の復旧見通しは

このうち、久大本線、豊肥本線は九州を横断する、湯布院や阿蘇山といった著名な観光地へのアクセス路線である。クルーズトレイン「ななつ星in九州」の走行コースでもあり、被災後の同列車はルートを変えて運行しているなど、観光客輸送、観光産業にも大きな影響を与え続けている。

一方、日田彦山線と南阿蘇鉄道は、いずれも輸送量が少ないローカル鉄道であり、復旧費用負担が鉄道会社にのしかかれば、存廃問題も浮上しかねない状況があった。現に日田彦山線に対しては「自社での復旧は困難。地元の議論をうながす」という、無条件の路線維持に消極的な姿勢をJR九州は取っている。

これら各線の現状と、将来の見通しをまとめてみたい。

次ページ橋梁再建工事が進む久大本線
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT