JRで一番「効率よく稼ぐ路線」は九州にあった

四国・九州・貨物3社の営業係数を独自試算

JR九州の特急にちりん。同列車も乗り入れる宮崎空港線は短い路線ながら営業係数では「超優等生」の試算結果となった(写真:ハヤゴン / PIXTA)
これまで2回に分けて、JR北海道とJR東日本JR東海とJR西日本の4社の営業係数を試算した結果を紹介した。今回はラストとして、JR四国・JR九州・JR貨物の3社についての試算をお目にかける。

100円の収入を上げるために要した費用を示す指標である営業係数は、JR各社全体の数値までは公表されたデータから導き出せる。さらに各路線の営業係数を試算するには、収入と費用とを一定の考え方によって分配すればよい。収入、費用とも、輸送規模によって変動する項目を旅客人キロの比で、路線が存在するだけで生じる固定的な項目を営業キロの比でそれぞれ分配した結果、各路線の営業係数の推測値が得られる。

近年、一部のJR旅客会社は各路線の営業状況について、より詳しい数値の公表を行うようになった。JR東海を除くJR旅客会社5社からは詳細な旅客輸送密度が発表されており、さらにJR北海道を除く4社からは路線ごとの旅客運輸収入も示されている。そこで今回は、JR四国・JR九州については両社が発表した2016年度の数値、JR貨物については「鉄道統計年報」の2014年度の数値を使用し、それぞれ5年前の数値と比較することとした。

瀬戸大橋と予讃線が支えるJR四国

●JR四国

本四備讃線(一般に「瀬戸大橋線」と呼ばれる路線のうち茶屋町―宇多津間)と、予讃線の一部の区間とでJR四国の鉄道事業を支えるという構造は、路線ごとに公表された旅客運輸収入によってより明確なものとなった。

2016年度の旅客運輸収入の総額は236億円余りと公表されたうち、本四備讃線は33億円、予讃線全線は128億円と計161億円となって68%を占めるからだ。JR東海にとっての東海道新幹線、JR西日本にとっての山陽新幹線と同様、JR四国にとっては本四備讃線、予讃線頼みの経営と言って差し支えない。

次ページ営業係数1700を超える路線もある
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT