鉄道会社役員「年収と出身大学」ランキング

平均年収1位は5821万円、慶大卒が少ない

鉄道会社の役員の”実態”はどうなっているのか(撮影:今井康一)

鉄道会社の役員はどこの大学を出て、報酬をいくらもらっているのか。2016年10月24日付記事「鉄道役員『報酬と出身大学』はこうなっている」に続き、最新版をお届けする。

まず、役員報酬から見ていこう。調査対象企業は株式を上場している鉄道会社25社および東京地下鉄(東京メトロ)の計26社。データは2017年3月期末の有価証券報告書に基づく。

1位はJR東海、2位は西武HD

ここでいう”役員“の定義は社外取締役を除く取締役で、監査役は含まない。1人当たり役員報酬は、有価証券報告書に記載された役員報酬の総額を役員数で割って算出した。使用人兼務役員がいて、その報酬額が開示されている場合は、使用人兼務役員の報酬額を役員報酬に含めている。なお、役員報酬の総額には退職する役員の退職慰労金も含まれるため、役員数が少ない企業で退職する役員がいる場合は、1人当たり役員報酬が多めに出ることもある。

こうした要因を考慮したうえで、1人当たり役員報酬額が高い順に会社をランキングした。結果は表のとおりだ。

1位はJR東海(東海旅客鉄道)の5821万円。昨年に引き続き全鉄道会社中トップとなった。2位は西武ホールディングス(HD)の4783万円、3位は京阪ホールディングスの4580万円で、持ち株会社が2~3位を占めた。4位の西日本鉄道は昨年6月に監査等委員会設置会社に移行した後の数字である。実質9カ月分であり、年度を通しての数字であればもっと増えているかもしれない。

次ページ1人当たり役員報酬額が高い会社ランキング
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT