これがイスラエルで見つかった人類化石だ

人類は相当早い段階でアフリカを出ていた

 1月25日、イスラエルの洞窟で、知られている限りアフリカ以外で発見されたものとしては最古とされる現生人類の顎の骨の化石(写真)が発掘されたことが明らかに。提供写真(2018年 ロイター/Israel Hershkovitz/Tel Aviv University)

[ワシントン 25日 ロイター] - イスラエルの洞窟で、知られている限りアフリカ以外で発見されたものとしては最古とされる現生人類の顎の骨の化石が発掘された。これにより、人類の祖先がこれまでに分かっていたよりはるか以前にアフリカ大陸を出ていたことが示された。

調査結果は科学誌サイエンスに掲載。7本の歯が生えたこの骨は、17万7000─19万4000年前のものとみられている。歯には、ネアンデルタール人など当時生存していた近縁の人類には見られず、ホモ・サピエンスに見られる特徴があるという。

化石は若い成人の左上顎骨だが、性別は不明。発見されたのは、ハイファの南方12キロの地点にあるカルメル山中の崩壊したミスリヤ洞窟。人類が暮らした痕跡があり、ほかには当時としては洗練された石器や複数の暖炉、焼けた動物の骨なども見つかった。

これまでにアフリカ以外で発見された最古のホモ・サピエンスの化石は、同じくカルメル山の洞窟を含む2カ所の洞窟で見つかり、9万─12万年前のものだった。

研究を率いた、テルアビブ大学の古人類学者は、今回の発見で、人類がアフリカから出た経路は南方ルートでなくナイル渓谷を経る北方ルートだったとの考え方が後押しされたと述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT