伸びない新人は「マネから学ぶ」ができない

「防衛大流」は100%徹底することで伸びる

「自己流」でやっていいのは基本がちゃんとできてからです(写真:franckreporter/iStock)

今まで人材育成コンサルサントとして多くの経営者とお会いしてきましたが、冒頭、必ずこう聞かれます。「部下が、なかなか使える人材に育たない……どうしたらよいか」。いわゆる個の能力が高いリーダーの方々ほどこの悩みを抱えている印象があります。

私は、幹部自衛官を育成する目的で創設された防衛大学校(以下防衛大)を卒業しました。防衛大に入校する若者はほとんどが普通の学生で、もともと優れたリーダーシップを持つ者は一握りです。しかし4年間のリーダー教育を受けると(もちろん過酷な生活に耐えきれず毎年1割の学生が小原台を去りますが)卒業時にはみな立派なリーダー、国家防衛を担う人材として巣立ってゆきます。

私は、防衛大時代に叩きこまれたリーダーシップをメソッド化し、拙著『防衛大流 最強のリーダー』などにまとめていますが、このメソッドは特に新人には面白いように効きます。

「摸倣実践」新人にはとにかくマネをさせろ

新人にもいろいろいますが、まずは教えるというよりはデキる先輩のマネを徹底的にやらせることがいちばん良い。これは防衛大1学年時に痛いほど実感しました。防衛大には次のような標語があります。

「模倣実践の1学年」。模倣実践とは、とにかくマネをして、そのマネの実践を繰り返し続けることです。実践を繰り返しながら自分たちで創意工夫を行うわけですが、1学年時にはとにかく上級生のマネをすることを徹底させられます。マネすらできない学生は「ダメっ子」と呼ばれ、マネができるまでとことん指導されます。一方、4学年の標語は「率先垂範」です。徹底的に下級生を引っ張っていく。

つまり、1学年時にマネをして防衛大でやっていけるだけの基礎力を身につけ、4学年時、リーダーになったときに徹底的に下級生を引っ張っていくというリーダー育成課程なのです。企業でいえば、あいさつ、電話の応対の仕方から会社案内に至るまで、全部マネをさせるということです。社内のロールプレイングだけでなく営業にも一緒に連れていき、それこそ一言一句、マネさせます。あとは自分1人で営業したときにだんだんわかってきて、自分なりにカスタマイズしていくことになります。そしてキャリアを積んでいき、リーダーになったときには逆に部下を徹底的に引っ張っていけるでしょう。

次ページまずは基礎力が必要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT