「給与明細を隠す夫」に心を開かせる4つの技

「共働き夫婦」の妻は、この悩みが一番多い

揉める夫婦は「話し合い」を嫌う傾向があるようです。特に女性は「どうせ無理」と実践する前に否定する人が多いのですが、「一定の戦略を持って挑戦した方々」は、あきらかに夫婦関係が改善しています。

具体的にはどうすればいいでしょうか。まずは「どろどろになりがちな話し合い」をするのではなく「ミーティングをするんだ」というように、意識を変えてみてはどうでしょうか。夫も妻も会社で勤めているわけですし、建設的に物事を進めるプロセスはそれなりに知っているはずです。感情的な表現を避け、視点を変える覚悟があればできるはずです。

たとえば、その日1回のミーティングで問題を解決できなかった場合はどうすればいいでしょう。どちらかの意見がより正しいのかなどと解決を急ぐよりは、感情のしこりが残らないように「この件は保留。また来週、もう1回ミーティングしましょう」などとすればいいのです。

4つの具体策で「数値化」「見える化」して問題を解決

「会社組織じゃないんだから、なんかぎこちなさすぎる」という人もいるかもしれません。確かに、そうした意見は理解できます。しかし、問題の解決策としては、ミーティングがよりよい解決手段です。その際は『問題を数値化』して、それを解決するための『企画案』を一緒に考えるのです。具体的には、以下の4つが有効です。

(1)家計簿をつけてみる

(2)互いに1日のタイムスケジュールを出してみる

(3)家事負担のリスト化をしてみる

(4)上記を分析して、問題と改善案を提示する

(1)ですが、「食費・雑費」が多いのに「夫がわかってくれない」と歎く女性の多くは、家計簿をつけていません。理由は「忙しくてそんな時間はない」というのが大半。気持ちはよくわかります。しかし、最近は便利な家計簿アプリも多くありますから、それほど時間もかけずに取り組めるはずです。最初は面倒臭いかもしれませんが、余計なけんかをして悩む時間を考えたら、楽なものです。そのうえで、どのくらい「食費・雑費」が必要なのかを提示してみてください。

(2)(3)は「家事の配分」についての見える化です。1日にどれくらいの家事負担があるのか、タイムテーブルなどを使って色づけしてみるとさらにわかりやすいですね。次に「リスト化」して、2人の家事分担を見える化します。

そのうえで(4)に進みます。「妻として」改善してほしいことをまとめた「改善案」を添えて、夫に渡すのです。何も「口で言うとけんかになるから」ではなく、数字で冷静にみてもらうためのものです。もちろん、言うべきことはきちんと言っていいのですが、言い方は絶対に気をつけましょう。

あとは、こうした一連のミーティングを繰り返していくことです。互いに相手の主張を頭から否定せず理解する努力をしつつ、一方で交渉をする努力も必要です。この「夫婦関係の改善のためのプロセス」は歴史を変える大技です。「ほかの国なら当たり前」などの批判もあるかもしれません。しかし、もとは好きで一緒になった夫婦です。老後に孤独ほど厳しいものはありません。互いの時間を尊重し、夫婦関係を上手にやりくりして、新しい夫婦関係を構築してほしいものです。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。