小室さんの「不倫叩き」をする人たちの脳の中

実は「人間の脳の仕組み」がそうさせている

1月19日、引退を表明し、記者からの質問に耳を傾ける小室哲哉さん(写真:日刊スポーツ新聞社)
ワイドショーやネット上のネタとして代表的な「不倫」。タレントや有名人の不倫報道が出ると、非常に激しいバッシングが起こるのが、最近の傾向だ。脳科学者・中野信子氏が、最新刊『シャーデンフロイデ』で、「不倫を許せないと思う人間の脳の仕組み」を解説する。

タレントの不倫報道が後を絶ちません。記憶に新しいところでは、斉藤由貴さん、小室哲哉さんらがワイドショーを賑わせました。

タレントや有名人の不倫報道が出ると、バッシングを受けるのが世の常ですが、最近では特に大きなバッシングを受けたのが、ベッキーさんです。おそらく、それまで非常に好感度が高く、いわば「いい子代表」として認知されていたベッキーさんだったからこそ、人々に与えたショックが大きかったのでしょう。

ホルモンの受容体を調べれば浮気性かどうかがわかる

オーストラリアの大学で行われた研究によると、「アルギニン・バソプレシン・レセプター(AVPR)」というホルモンの受容体を調べることで、どうやら、浮気性かどうかといったことも、ある程度まではわかるようです。

AVPRのある型を持っていると、男女ともに長期的な人間関係を結ぶのが難しく、パートナーに対して不満度を高め、不親切な振る舞いをすることがわかりました。

この型は、AVPR遺伝子のうちの塩基の1つが置き換えられています。そのため、アルギニン・バソプレシンのシグナルが入りにくくなり、親切心などが生まれにくくなるのだと考えられています。

要するに結婚生活、共同生活にあまり向いていないタイプと言えるかもしれません。実際に、この型を持つ男性では未婚率・離婚率が高く、このタイプのAVPR遺伝子は「離婚遺伝子」(女性の場合、離婚よりもパートナー以外の男性との関係が増えることから「不倫遺伝子」)などと呼ばれています。

もちろん、人間の行動は遺伝子だけで100%決まるわけではありませんし、育った環境などにも大きく左右されます。その遺伝子を持っているからといって、必ずしもその人が離婚、不倫する、あるいは婚姻できないというわけではありませんので、その点はご理解ください。

次ページ近縁の哺乳類を用いた実験
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?