小室さんの「不倫叩き」をする人たちの脳の中

実は「人間の脳の仕組み」がそうさせている

「不倫を許せないと思う人間の脳の仕組み」とは?(写真 : ふじよ / PIXTA)

ニューヨーク市立大学バルーク校の研究グループが、マクドナルドの模擬店舗を用いて面白い実験を行いました。

その模擬店舗を訪れた被験者には、用意された2種類のメニューリストのなかから一方が渡されます。サラダなど健康を連想させるメニューが載ったリストと、それが載っていないリストのうち、いずれかです。その上で、最も太りそうな「ビッグマック」を選ぶ割合について調べました。

すると、一般的な予想とは逆の結果が出ました。すなわち、サラダが掲載されていないリストを受け取った群では約10%だったビッグマックの注文率が、サラダが掲載されているリストを受け取った群では約50%にも上ったというのです。

これは、人間が「良いこと」または「倫理的に正しい」なにかを想像しただけで、免罪符を得たような気分になってしまうことを表しています。

この実験では、「健康」という「倫理的正しさ」を扱っています。サラダが載っているリストを目にした人たちは、そこで健康という倫理的正しさを想像します。ただそれだけのことで、「私は健康について倫理的に正しいことを考えている」と判断し、「だから、ビッグマックを食べてもいいや」と自分を許すのです。サラダが載っていないリストならばそんなことは起きないのに、なまじ載っていただけに免罪符を得てしまうわけです。

社会は人間にとって非常に重要なもの

これと同様のことが、私たちの日常でも起こります。それが健康という個人的な問題で済んでいるならまだいいとして、そうではない「倫理的正しさ」に及んだとき、どういうことになるでしょうか。

『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

「社会とはこうあるべきだ」「人間とはこうあるべきだ」というように、常日頃より「倫理的に正しいこと」を考えている人ほど、脳にはたくさんの免罪符が貼り付けられており、結果的に「倫理的に正しくない」残虐な行動に走ってしまう可能性があるということなのです。

社会は人間にとって非常に重要なものです。時には、個体の存続よりも重要視されることがあります。社会を形成して生きていくという戦略が、私たち人類の大きな繁栄の礎にあったことを考えれば、ある意味、当然のことともいえるでしょう。

反社会的であるよりは、向社会的であることのほうを好ましいと認知する性質を備えた個体が長い年月をかけて、さらに淘汰され、生き延びてきたのが人類の歴史であったといえるのではないでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT