「上司のダメ出し」に全部対応するのは損だ

デキる人は優先順位をこう判断している

実は、「レビューの指摘はつねに全部反映すべき」と考えること自体が誤りなのです。限られた時間ですばやく資料を完成させるコンサルタントは、レビューの指摘内容を仕分け、優先度を判断しています。これにより、資料の目的や仕事の進め方に応じた、効率的な「レビュー指摘対応」をしているのです。今回は、その具体的な方法を紹介します。

指摘対象を「文脈」「内容」「表現」に仕分ける

ポイントは、指摘対象を「文脈」「内容」「表現」に仕分けることです。

文脈への指摘:資料の目的や読み手のニーズをとらえていない
内容への指摘:資料に書かれたことが正しくない
表現への指摘:構成やデザインが適切ではない

たとえば、「スマホの使い方を知りたい人に向けて、操作手順を説明する資料を作って」と指示を受けて作った資料に対し、レビューで「全然ダメ」と指摘を受けたとします。これを「文脈・内容・表現」に分解してみましょう。

「文脈を外している」からダメ:なぜかスマホの性能のよさを説明する資料になっており、「スマホの使い方を知りたい」という読者ニーズを外している
「内容に誤りがある」からダメ:資料に書かれた手順が明らかに誤っており、資料を読んでも目的が達成できない
「表現が適切でない」からダメ:手順説明の文言がまわりくどく、パッと見るだけでは理解できない・伝わらない

こうしてみると、指摘対象によって修正の優先度が異なることがわかるでしょう。「文脈を外している」場合、言葉どおりの「ダメ資料」であるため、文脈に対する指摘は必ず修正しなければなりません。「内容に誤りがある」場合も、資料の品質に直結する指摘なので修正すべきものですが、資料が読まれるとき口頭で補足できるシチュエーションでは「文脈」より劣後できるでしょう。

一方、「表現が適切でない」場合は、ただ伝わりにくいだけで資料としての目的は果たしているため、修正の優先度は「文脈」「内容」よりも低くなります。場合によっては修正を見送ることもできるでしょう。

実は、記事冒頭で紹介した、私が若手時代に受けた辛辣なレビューも、文脈・内容・表現に分類ができます。

文脈への指摘:「なにをしたい資料かわからない」
内容への指摘:「言いたいことと全然違う」
表現への指摘:「デザインが最悪」「構成がめちゃくちゃ」「1秒でダメ資料だとわかる」

こうすると、レビュー指摘の内容を具体的に聞かなければならないのは「なにをしたい資料かわからない」「言いたいことと全然違う」のみで、残りの3つは必要以上に重く受け止めなくてもよいことがわかるでしょう(ただし、資料を読む相手がひと目で「これは読みたくない」と思ってしまうレベルの見た目ではないことが条件です)。

このように、一見「言ったことは全部反映しろ」と聞こえるレビュー指摘でも、文脈・内容・表現の観点から優先度を見極めてみると、必ず対応すべき範囲とそうでない範囲が見えてきます。これを意識することで、たとえば「細かな表現修正を優先してしまったため、1時間たっても内容の直しに着手できていない」といった非効率を避けることができます。

次ページ「優先度が低い=対応不要」ではない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT