前場の日経平均反発、26年ぶり2万4000円台 

米国株の大幅高や円安が強い追い風に

 1月18日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比110円27銭高の2万3978円61銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比110円27銭高の2万3978円61銭となり、反発した。寄り付きで2万4000円を上抜け、取引時間中としては1991年11月18日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。

前日の米国でダウ<.DJI>が320ドルを超す大幅上昇となり、初めて終値で2万6000ドル台に乗せた米株高の流れを、日本株も引き継いだ。為替が1ドル=111円前半と円安方向に振れていることも追い風に、寄り付き後には一時2万4084円42銭に上昇した。

その後は利益確定売りに押され、じりじりと上げ幅を縮めた。市場では「米国時間に取引された日経平均先物の上昇を受けて高く寄り付いたとしても、日本での好材料に乏しいため勢いが続かない」(内藤証券の投資調査部長、田部井美彦氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.05%高だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆5895億円。 セクター別ではゴム製品が上昇率トップ。その他製品、金属製品、精密機器、電気機器が、それに続く。一方、下落率トップは水産・農林。保険、非鉄金属、陸運などが続いている。

東証1部の騰落数は、値上がり786銘柄に対し、値下がりが1177銘柄、変わら ずが101銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。