前場の日経平均反発、26年ぶり2万4000円台 

米国株の大幅高や円安が強い追い風に

 1月18日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比110円27銭高の2万3978円61銭となり、反発した。写真は東京証券取引所で2015年7月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比110円27銭高の2万3978円61銭となり、反発した。寄り付きで2万4000円を上抜け、取引時間中としては1991年11月18日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。

前日の米国でダウ<.DJI>が320ドルを超す大幅上昇となり、初めて終値で2万6000ドル台に乗せた米株高の流れを、日本株も引き継いだ。為替が1ドル=111円前半と円安方向に振れていることも追い風に、寄り付き後には一時2万4084円42銭に上昇した。

その後は利益確定売りに押され、じりじりと上げ幅を縮めた。市場では「米国時間に取引された日経平均先物の上昇を受けて高く寄り付いたとしても、日本での好材料に乏しいため勢いが続かない」(内藤証券の投資調査部長、田部井美彦氏)との声が聞かれた。

TOPIXは0.05%高だった。東証1部の午前中の売買代金は1兆5895億円。 セクター別ではゴム製品が上昇率トップ。その他製品、金属製品、精密機器、電気機器が、それに続く。一方、下落率トップは水産・農林。保険、非鉄金属、陸運などが続いている。

東証1部の騰落数は、値上がり786銘柄に対し、値下がりが1177銘柄、変わら ずが101銘柄だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT