性的暴行被害者は、そのとき何を着ていたか

ブリュッセルで展示イベント

 1月16日、性的暴行を受けた女性たちが被害時に着ていた服を展示するイベント「あなたは何を着ていたの」が、ブリュッセルで20日まで行われている(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 性的暴行を受けた女性たちが被害時に着ていた服を展示するイベント「あなたは何を着ていたの」が、ブリュッセルで20日まで行われている。

これは、ブリュッセル市の職員Delphine Goossensさんが企画したもので、昨年9月に米カンザス大学の学生らが行った展示を、発案者らの許可を得てブリュッセルで再現した。

いつでも、どこでも起こり得る

展示されている服には、パジャマや水着、警官の制服も含まれていた。

見学に訪れたある女性は「これらの服を見れば、(性的暴行の被害は)だれにでも、いつでも、どこでも起こり得ることが強く印象付けられる。このような展示が、暴力や性の被害を受けた人々を責める風潮を一新できれば良いと思う」と語った。

同時に展示された資料によると、ベルギーでは性的暴行被害を受けた人を少なくとも1人知っていると答えた人は回答者の56%、公共の場で身体的な嫌がらせを受けたと答えた女性は、4人に1人の割合に達している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
目からウロコの<br>日本史再入門

10年前の歴史常識が、今は非常識。教科書は最新の研究や学説を反映し、つねに書き換えられている。蒙古襲来「嵐で沈没」のウソ、江戸時代「鎖国」はなかった…歴史の新常識を凝縮。