性的暴行被害者は、そのとき何を着ていたか

ブリュッセルで展示イベント

 1月16日、性的暴行を受けた女性たちが被害時に着ていた服を展示するイベント「あなたは何を着ていたの」が、ブリュッセルで20日まで行われている(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[ブリュッセル 16日 ロイター] - 性的暴行を受けた女性たちが被害時に着ていた服を展示するイベント「あなたは何を着ていたの」が、ブリュッセルで20日まで行われている。

これは、ブリュッセル市の職員Delphine Goossensさんが企画したもので、昨年9月に米カンザス大学の学生らが行った展示を、発案者らの許可を得てブリュッセルで再現した。

いつでも、どこでも起こり得る

展示されている服には、パジャマや水着、警官の制服も含まれていた。

見学に訪れたある女性は「これらの服を見れば、(性的暴行の被害は)だれにでも、いつでも、どこでも起こり得ることが強く印象付けられる。このような展示が、暴力や性の被害を受けた人々を責める風潮を一新できれば良いと思う」と語った。

同時に展示された資料によると、ベルギーでは性的暴行被害を受けた人を少なくとも1人知っていると答えた人は回答者の56%、公共の場で身体的な嫌がらせを受けたと答えた女性は、4人に1人の割合に達している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT