冬ドラマにジャニーズ主演が溢れかえる理由

強気の全方位営業はスゴいのかやりすぎか

人気グループからまんべんなく主演俳優が出ています(撮影:今井康一、尾形文繁)

2018年スタートの冬ドラマが次々に始まっていますが、あちらこちらで聞こえてくるのは、「これもジャニーズ主演?」「今期は多くない?」という声。

実際、プライム帯(19~23時)で、元SMAPの木村拓哉さん主演「BG~身辺警護人」(テレビ朝日系)、嵐の松本潤さん主演「99.9%-刑事専門弁護士-SEASONⅡ」(TBS系)、KAT-TUNの亀梨和也さん主演「FINAL CUT」(フジテレビ系)、Hey! Say! JUMPの山田涼介さん主演「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」(日本テレビ系)の4本。深夜帯にも、タッキー&翼(活動休止中)の滝沢秀明さん主演「家族の旅路 家族を殺された男と殺した男」(フジテレビ系)、ジャニーズWESTの藤井流星さんと濵田崇裕さん主演「卒業バカメンタリー」(日本テレビ系)の2本が放送されます。

余談ですが、5つを超える媒体が「TOKIOの長瀬智也さん主演『フラジャイル』(フジテレビ系)も“月9”で放送予定だった(共演の武井咲さんが妊娠したため延期に)」と報道していました。業界のみならずファンの間でも周知となっていましたし、この点を踏まえても、「いかに主要グループからまんべんなく主演俳優を出しているか」がわかります。

驚くべきは、「冬ドラマ全体の約3割を占めるうえに、民放各局をほぼ総なめ状態」であること。ネット上には賛否の声が飛び交っていますが、なぜこのような状態が起きているのでしょうか。

誤解のないよう最初に書いておきたいのは、「ジャニーズ事務所の所属タレントに非はない」ということ。私は彼らがつねに努力し、ファンの期待に応える姿を見てきましたし、スタッフやメディアに対しても謙虚に接するなど、芸能人のみならずビジネスパーソンとしてもすばらしいのです。

ここではあくまで、芸能事務所の営業戦略と、取引先となるテレビ局の事情を客観的かつ冷静に書いていきます。

「今年も連ドラの中心はジャニーズ」の戦略

まず考えるべきは、ジャニーズ事務所の営業力。民放各局、各曜日、各時間帯に、各グループのメンバーをパズルのように送り込めるのは、相当な営業力がなければできません。

これを一般企業に置き替えると、「その業界の大手各社に異なる自社商品を売り分けている」ということ。また、「ジャニーズの所属タレントが他の俳優と比べて、圧倒的に人気や演技力があるわけでも、高視聴率を獲得しているわけでもない」ことを踏まえると、なおさら営業力の凄さを感じます。

しかも、そのセールスを“2018年の頭”にそろえたのも見逃せないポイント。「今年も連ドラの中心はジャニーズ」と印象づけるための戦略であり、だからこその全方位営業だったのでしょう。

次ページ安定性のある営業パターンだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT