フランスの著名自転車選手が引退、106歳で

高齢での世界記録保持者のマルシャンさん

1月10日、フランスのアマチュア自転車選手で、高齢での世界記録保持者として有名なロベール・マルシャンさんが106歳で引退する。友人によってAFP通信に伝えられた。写真は昨年1月撮影(2018年 ロイター/Jacky Naegelen)

[パリ 10日 ロイター] - フランスのアマチュア自転車選手で、高齢での世界記録保持者として有名なロベール・マルシャンさんが106歳で引退する。友人によってAFP通信に伝えられた。

マルシャンさんは1年前、パリ近郊の競輪場で22.528キロを1時間で走破する快挙を成し遂げ、世界的な脚光を浴びた。この記録は105歳以上としては世界最速とみられている。

1911年にフランス北部で生まれたマルシャンさんは、67歳で本格的に自転車競技に取り組み始めた。2012年には、100キロを4時間17分27秒で走り、100歳のサイクリストとしての記録を出した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。