JR東日本が英国で鉄道運行する「本当の狙い」

日本のトップ企業も海外の知名度は低かった

ロンドン郊外を走るロンドン・ミッドランドの列車。ロンドン―バーミンガム間の近郊輸送に活躍する(筆者撮影)

英国運輸省は2017年8月10日、オランダ鉄道旅客輸送部門アベリオの子会社とJR東日本、三井物産の合弁企業「ウェストミッドランズトレインズ」が、英イングランド中部のウェストミッドランド路線のフランチャイズ(営業権)を獲得したと正式に発表した。日本の鉄道会社が、海外の鉄道運営にかかわる初めてのケースとなる。

ウェストミッドランズトレインズ社は、オランダのアベリオ社の英国子会社、アベリオUK社が70.1%、JR東日本と三井物産の2社が残り29.9%を半々で出資する合弁企業で、今回のウェストミッドランド路線のフランチャイズを獲得するために誕生した。

3社と競合、営業権を獲得

英国は国鉄民営化の際、地域ごとに分離した日本や、運行業務とインフラを上下分離した欧州各国とは違い、政府が保有する各路線の営業権を競争入札によって決定し、数年単位で運行業務の権利を与える「フランチャイズ制」を導入している。

今回のウェストミッドランド路線は、これまでロンドン・ミッドランドというブランドで営業してきたゴヴィア社との契約が年内で切れることから、2026年までの新たな運行契約のために競争入札を行うことになった。その経緯は2016年7月1日付記事「英国の鉄道運行に初名乗りを挙げたJR東日本」において既報のとおりだ。ウェストミッドランド路線には香港をベースとする企業MTRの子会社と、現在営業しているゴヴィア社、そしてアベリオ・日本連合の3社が名乗りを上げていたが、このうちMTRについては2016年6月22日、他路線の権利獲得を優先させるために当路線の入札からは撤退することを表明しており、最終的には2社の争いとなっていた。

次ページ2026年までに1430億円を投じてサービス改善
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT